UROSKOP Access

40cm I.I. によるX線診断から内視鏡手技・エンドウロロジーに対応します。

UROSKOP Access
 
お問い合わせ

パラレルアクセスの利点

  • 両側から制限のないアクセスが可能
  • 患者の麻酔後の位置直しが不要
  • 術者はひとつの決まった場所で作業可能

完全左右対称のアクセス

UROSKOP Access - 左右どちらからもアクセス可能です(左腎/右腎)。


従来のシステム

従来のシステムは片側からしかアクセスできません(体位を変換したり、麻酔医が位置を変えたりする必要があります)。
 


多様な被検者のために設計された泌尿器テーブル

UROSKOP Accessでは、小児から成人まで、様々な被検者を対象として設計されています。体格に係わらず、全ての患者に対応し診断、治療を行うことができます。


内視鏡手術をサポートする逆傾斜

テーブル中心ではなく、テーブル終端を軸に±15°の傾斜が可能です。さまざまな傾斜姿勢を必要とする内視鏡検査やその他の器具による処置の場合も、術者の目の高さは常に一定を保ちます。

関連情報