ACUSON X150

Exceptional value – now and into the future.

MultiHertz Multiple Frequency Imaging & Hanafy Lens

「MultiHertzマルチ周波数イメージング」により使用できる周波数が広がります。検査対象に適した周波数を選択することにより分解能・ペネトレーションが向上します。また、CH5-2プローブにはシーメンス独自のHanafyレンズを採用しており、浅部から深部まで超音波ビームのスライス厚を薄く、均一化することにより鮮明な画像を描出できます。

Tissue Harmonic Imaging

フェーズインバージョン方式のハーモニック画像に対応しています。フェーズインバージョン法は位相が180度異なる2つの波を送信することによって送信周波数と同じ周波数成分だけを取り除き、純粋な高調波成分のみを感度良く収集する手法です。これによりアーチファクトの少ない高分解能の画像を抽出できます。

Virtual Format Imaging

高周波リニアプローブでは、バーチャルフォーマット技術を用いたトラペゾイド表示が可能です。通常のリニア表示では得にくい深部の視野を十分に確保し、診断に役立ちます。

関連情報