ACUSON S2000 ABVS

Automated Breast Volume Scanner

ACUSON S2000 ABVS
 
お問い合わせ

検査プロトコルを簡潔に
 

  • 自動スキャン

従来の超音波検査で使用するプローブに比べて、視野幅の広い(15.4cm)プローブを採用しました。そのプローブが、16.8cmの幅を約1分間で自動でスキャンを行います。スキャンを自動化することで、特別な手技を必要とせず、検査プロトコルの規格化が容易になります。
 

スキャンと読影を分離
 

  • ボリュームスキャン

自動スキャンにより、15.4cm×16.8cm×最大6cmの範囲のボリュームデータを取得します。取得したデータを専用のワークステーションに転送し、自由に断面を切り出すことが可能です。
 

関連コンテンツ・製品・サービス情報