Utilization Management - ユーティライゼーションマネージメント

装置の活用効率を最大限に

Utilization Management - ユーティライゼーションマネージメント
 
お問い合わせ

画像処理システムは、いまや医療施設にとって欠くことのできない検査ツールであると共に、できる限り高い費用対効果が求められる高価な投資です。
ユーティライゼーションマネジメントは装置の稼働状況データや匿名のベンチマークデータをレポートによってお知らせいたします。このようなデータにより、スループットの向上やスタッフプランニング、業務スケジュールの立案など、装置の効率的な活用をサポートいたします。


ユーティライゼーションマネージメント導入のメリット

  • 装置稼働率向上
  • カスタマイズされた装置使用状況のレポート配信
  • 消耗品(例えば造影剤等)の詳しいトラッキング
  • システムコンポーネント利用
  • 患者検査準備及び検査時間の詳細情報の取得
  • 個々の身体部位のデータ検討
  • スタッフ計画と業務の予定立案向上
  • 臨床ワークフローの容易化
  • カテゴリーごとの匿名ベンチマーク統計利用可能
  • コスト管理の改善
     

保守契約のオプションとしてご利用いただけます。

SRS接続状況やに搭載しているソフトウェアのバージョンにより、ご利用の制限があります。