社会医療法人渡邊高記念会と戦略的なバリュー向上を通じて地域医療の発展を目指すパートナーシップ契約締結

東京 |  2018-11-09

社会医療法人渡邊高記念会(兵庫県西宮市、理事長: 佐々木恭子 以下、渡邊高記念会)とシーメンスヘルスケア株式会社(東京都品川区、代表取締役社長兼CEO: 森秀顕 以下、シーメンスヘルスケア)はこのほど、先進的な画像診断・治療装置および検体検査システムによる高度な医療サービスの提供をはじめ、AIを含む医療デジタルプラットフォームを基盤にした情報共有を通して、地域医療のさらなる発展を目指すパートナーシップを締結しました。

急速に高齢化が進む日本では、2025年に団塊の世代が75歳を迎え、医療・介護の需要が最大化すると見込まれています。急性期から回復期、慢性期まで患者の状態に見合った病床で、より良質な医療サービスを受けられる体制作りが急務となっており、都道府県ごとに地域医療構想を定めています。

渡邊高記念会は1965年に西宮渡辺病院、2006年に現在の西宮渡辺心臓脳・血管センターを開設し、西宮市および芦屋市を診療圏として高い専門性と地域密着型の医療を追求してきました。2010年に西宮渡辺病院が兵庫県初となる社会医療法人の認定を受け、2017年には西宮渡辺心臓脳・血管センターも同認定を受けました。同一医療圏内での2施設の社会医療法人の認定は全国初です。

シーメンスヘルスケアは2014年以降、渡邊高記念会の運営する西宮渡辺病院および西宮渡辺心臓脳・血管センターに対し、2管球CT装置、ハイブリッド手術室用の血管撮影装置、3テスラMRI装置など、先進的な画像診断システムを幅広く導入してきました。

今回のパートナーシップの締結は、高度急性期から在宅医療までをカバーし地域に根差した医療連携を展開する渡邊高記念会の理想とする医療と、Siemens Healthineersがグローバルで取り組む医療機関のバリュー向上を実現するという理念が一致したものです。

本パートナーシップにより、シーメンスヘルスケアは渡邊高記念会に対し、高度な医療機器、検体検査システムの導入をはじめ、地域医療におけるそれらの最適な運用についてのコンサルティングやグローバルレベルの知識交流まで、多岐にわたるサービスを提供していきます。

主なパートナーシップの内容は以下の通りです。

  • Siemens Healthineersコンサルティングチームによる地域医療における戦略的なバリュー向上を目指したマスタープランの作成
  • 画像診断・治療、および検体検査に関する最適な機器・システムの導入およびメンテナンス
  • 早期発見から治療までのワークフローの総合的サポート
  • 主に循環器疾患において、患者中心とした理想的な個別化医療を確立するための包括的なサポート
  • 西宮渡辺病院および西宮渡辺心臓脳・血管センターがSiemens Healthineersのリファレンスサイトとなり、グローバルレベルで知識交流や研究を推進

今回のパートナーシップを通じて両者は、将来的にデジタルエコシステムの構築を視野にいれた医療ビッグデータの活用により、患者一人ひとりに最適なケアを提供する個別化医療の確立を目指していきます。

社会医療法人渡邊高記念会について
1965年(昭和40年)の渡辺病院の開設以来、社会医療法人渡邊高記念会は急性期医療から在宅ケアまでをカバーし、地域医療の発展に努めてきました。2010年に西宮渡辺病院が兵庫県初となる社会医療法人の認定を受け、2017年には西宮渡辺心臓脳・血管センターも同認定を受けました。同一医療圏内で2施設が社会医療法人の認定を受けるのは全国初です。「命を敬い人を愛する医療の実践」という創設者の理念、地域医療への熱い思いを継承すべく、公益性と共に質の高い医療の提供に努めています。


報道機関からのお問い合わせ先

シーメンスヘルスケア株式会社
コミュニケーション部 中川
TEL: 03-3493-5022
Email: rie.nakagawa@siemens-healthineers.com