エポカル社の買収を完了し、ハンドヘルド型⾎液ガス分析装置「エポック」の受注を開始

東京 |  2017-12-04

Siemens Healthineersは、2017年10月31日にアボット社からのエポカル社買収を完了しました。これにより血液ガス分析装置のポートフォリオを完備し、日本においては、12月1日よりハンドヘルド型血液ガス分析装置「エポック」の受注を開始しました。なお、本取引に関する財務的な詳細は公表されていません。

エポックがポートフォリオに加わることで、Siemens Healthineersは、ハンドヘルド型からベンチトップ型、中央検査室向け装置に至るまで、各施設のニーズに基づく最適な血液ガス分析ソリューションの提供が可能になり、ワークフローの向上に貢献します。エポックは、多くのメーカーのPOC検査装置と院内の情報システム(LIS/HIS*)を繋げるSiemens HealthineersのPOC エコシステムソリューションにもシームレスに接続し、将来にわたって柔軟なソリューションを提供します。

Siemens Healthineers ポイント・オブ・ケア事業部門 President のピーター・コルテは、「各医療ネットワークにおける血液ガス分析のニーズは、クリニック、病院、救命救急、検査室、救急車等で異なります。ひとつのソリューションのみで対応するには限界があり、全ての患者ニーズに応えられない可能性があります。そのため、ひとりひとりの患者に最適な検査ソリューションを提供することは、患者ケア向上のために大変重要なのです。Siemens Healthineersは、血液ガス分析の全ポートフォリオを完備することで、必要な場所で、必要な検査を、必要なタイミングで提供し、医療従事者とPOCコーディネーターのワークフローの向上に貢献することができます」と、述べています。

Siemens Healthineersは、利用しやすく効率性の高い医療サービスの提供を通して、医療従事者がより良い成果をより低コストで実現できるようサポートします。


エポック 血液ガス分析装置の特長

1) ワークフローの向上

  • 持ち運びが可能なハンディタイプ
  • 緊急検査に必須の11 項目を同時測定
  • 測定カードをセットし検体を注入するだけの簡単操作
  • メンテナンス不要

2) 効率的かつ経済的な在庫管理

  • 測定カードは室温(15~30℃)で保管可能
  • 必要な試薬消耗品は測定カード1種類のみ

3) 臨床結果に直結する高い精度

  • 設置型血液ガス分析装置との高い相関性

4) ネットワーク構築可能

  • ワイヤレス通信機能により、院内の情報システム(LIS/HIS)へ検査結果を送信

受注開始日:2017年12月1日(金)

 

報道機関からのお問い合わせ先
シーメンスヘルスケア・ダイアグノスティクス株式会社
MSC本部 コミュニケーション部 北條
Phone: 03-3493-7630 E-mail

* LIS (Laboratory Information System):臨床検査情報システム、HIS (Hospital Information Systems):病院情報システム