KDDIと全国の医療機関への「KDDI Wide Area Virtual Switch 2」の導入について合意

シーメンスヘルスケアとKDDI による共同リリース

東京 |  2017-06-29

シーメンスヘルスケア株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社⻑:森秀顕、以下 シーメンスヘルスケア)とKDDI 株式会社(本社:東京都千代⽥区、代表取締役社⻑:⽥中孝司、以下KDDI)は、シーメンスヘルスケアが提供している医療機器を遠隔で監視およびサポートを⾏うサービス「シーメンスリモートサービス」(以下、SRS)の品質・セキュリティのさらなる向上を⽬的として、広域ネットワークサービス「KDDI Wide Area Virtual Switch 2」(以下、KDDI WVS 2)を導⼊することで合意し、このたび提供を開始しました。

近年、情報通信技術(ICT)の活⽤が進む医療業界において、情報セキュリティの対策が課題となっています。KDDI WVS 2 は、広域なネットワーク上でさまざまな付加価値を実現することが可能で、医療機関向け3 省4 ガイドライン(注1)にも対応するセキュリティ機能を持った広域ネットワークサービスです。

医療機関は、KDDI WVS 2 を経由したSRS の監視・サポート体制を構築することで、従来よりもインターネットとの接続ポイントを縮⼩し、今後はインターネットとの接続ポイントを通信キャリアであるKDDI が管理することで、より⾼度なセキュリティが確保できている環境下で、シーメンスヘルスケアからのサポートを受けることができるようになります。

また、医療機関内に設置されたMRI(磁気共鳴診断)装置やCT (コンピュータ断層撮影)装置など、画像診断装置から得られる膨⼤な医⽤情報をビッグデータとして扱い、分析結果等の共有が可能なシーメンスヘルスケアのクラウドサービス「teamplay(チームプレイ)」もKDDI WVS 2 との接続が可能です。すでに画像診断装置を導⼊済みでteamplay の追加導⼊を検討される場合も、SRS のためのリモート環境があれば、回線の引き直しが不要(注2)で、医療機関側の負担を最⼩限に抑えながら⾼度なセキュリティのもと、teamplay の追加導⼊が可能となります。

両者は今後、シーメンスヘルスケアが装置を納⼊している全国の医療機関に対して、SRS のさらなるセキュリティ向上およびteamplay の導⼊を⽬的として、KDDI WVS 2 導⼊を推進していきます。

シーメンスヘルスケア(株)カスタマーサービス事業本部⻑の⾦原修は以下のように述べています。「個⼈情報の保護など、セキュリティがますます重要視される医療機関においてIT インフラの安全性を担保するのは、今や当たり前のこととなっています。さらにIT やネットワークの発展・拡⼤により⾒込まれる医療サービスの価値の向上は計り知れず、今回のKDDI との合意は、医療機関や患者にとって安⼼かつ⾼品質な医療をお届けしたいという当社の⽬的をかなえるものと⾔えます。私たちは引き続き、⾼品質で信頼のおける医療サービスの発展と展開を⽬指し、IoT 時代を⾒据えた新たなサービスモデルの構築も検討していく予定です」。

KDDI(株)執⾏役員 ソリューション事業本部 ソリューション営業本部⻑の佐藤司は以下のように述べています。「今回の合意により、医療機器をセキュアなネットワークKDDI WVS 2 で接続し、ワンストップで監視・管理する環境をご提供します。これにより、医療機関は⾼品質な医療の提供に専念いただくことができると考えております。今後はKDDI が持つモバイル回線やIoT 基盤を利⽤したさらなる付加価値の提供を通して、今後もシーメンスヘルスケアと共に医療サービスの向上に寄与してまいります」。

注1:医療機関において診療データを電⼦保存する際に遵守するガイドライン
1)厚⽣労働省「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン 第 4.3 版」(平成28年3⽉発⾏)
2)総務省「ASP・SaaS における情報セキュリティ対策ガイドライン」(平成20年1 ⽉30⽇発⾏)
3)総務省「ASP・SaaS 事業者が医療情報を取り扱う際の安全管理に関するガイドライン 第 1.1 版」(平成22年12⽉発⾏)
4)経済産業省「医療情報を受託管理する情報処理事業者における安全管理ガイドライン」(平成24年10⽉発⾏)
注2: 導⼊先の環境によっては別途構成を検討する必要がある場合もあります