タブレット端末による操作が可能なCT装置「SOMATOM go」の販売を開始

東京 |  2017-04-05

シーメンスヘルスケア株式会社(東京都品川区、代表取締役社長兼CEO: 森 秀顕、以下シーメンス)は、タブレット端末による操作を可能にしたCT装置「SOMATOM go(ゾマトム ゴー)」の国内販売を開始しました。「SOMATOM go」は、従来のCT検査のワークフローと検査環境を一変させる新しいコンセプトのCT装置です。検査の効率化や導入コスト削減など医療機関のニーズに応えるだけではなく、被検者につねに寄り添える優しいCT検査を提供します。

現在、世界的に医療費の増加が国家予算を圧迫することが危惧され、医療施設が画像診断装置へ積極的に投資することが困難になってきています。その一方で CT検査の件数は増加傾向にあり、効果的な CT装置の導入が求められます。「SOMATOM go」は、さまざまな国や地域、規模の異なる施設においても、高いイメージクオリティ、検査ワークフローの効率化、さまざまな臨床ニーズへの対応、財務的負担の軽減、という共通のニーズを満たし、被検者によりよい CT検査を提供できるよう開発されました。

  • タブレット端末によるモバイルワークフローを実現
    一般的なCT検査のワークフローは、CT装置が設置された検査室と、コンピュータが設置された操作室の2部屋に分けられた環境で、オペレーターは検査手順に合わせて2部屋を繰り返し行き来します。「SOMATOM go」は専用のタブレット端末を使用し、患者登録から画像確認・転送までの一連の操作を検査室内で行うことができます。オペレーターの移動を最小限にし、被検者がより安心できる検査を提供します。また、オペレーターが被検者のそばにいることで、小児や高齢者の検査においては介助者を必要とする場面が減少することも期待されます。
  • 自由な設置環境
    上記の通り、一般的にCT装置の導入は検査室と操作室の2部屋に分けられた環境が必要とされています。「SOMATOM go」ではシステム制御や画像再構成を担うコンピュータを装置本体に内蔵しました。これにより、X線防護用の鉛ガラスで隔てた操作室の設置が必ずしも必要とならない、CT装置導入の新しいかたちを実現しました。導入時のレイアウト変更にかかる初期費用を抑えるだけでなく、限られたスペースにもCT装置を導入することができます。
  • X線スペクトラム変調技術により被ばく低減を実現
    シーメンス製CT装置のフラッグシップモデル「SOMATOM Force」や「SOMATOM Drive」に搭載されているX線スペクトラム変調技術を「SOMATOM go」にも搭載しました。この技術は画像化に寄与しない低エネルギー成分のX線を効果的にカットし、一般的な胸部レントゲン撮影と同等の被ばく線量* によるCT検査を可能にします。本技術は現在までに胸部低線量肺がんスクリーニング検査にも利用されており、人間ドッグや健康診断への適応も期待されます。

シーメンスヘルスケアは、2017年4⽉14⽇(⾦)〜16 ⽇(⽇)にパシフィコ横浜で開催される「ITEM 2017(国際医⽤画像総合展)」に出展します。2016 年5⽉に発した新たなブランド「Siemens Healthineers」のもと、新デザインのブースでは、「SOMATOM go」を含む数多くの製品やサービスをご紹介します。展⽰会へご来場の際には、ぜひシーメンス展⽰ブースへお⽴ち寄りください。

また、「SOMATOM go」は世界的に権威のあるデザイン賞である、iF Design Award 2017を受賞しました。

報道機関からのお問い合わせ先

シーメンスヘルスケア株式会社 MSC 本部コミュニケーション部 本田
Phone: 03-3493-7630 E-mail

1DirectDensity は、放射線治療計画での使⽤を⽬的に設計されているため画像診断には使⽤できません。

2オプション