わずかな血液量で測定可能な血液凝固分析装置 「エクスプレシア ストライド」販売開始

東京 |  2017-01-11

シーメンスヘルスケア・ダイアグノスティクス株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長兼CEO:森 秀顕)は、POC向け血液凝固分析装置「エクスプレシア ストライド」の販売を本日より開始します。

心房が小刻みに震えて正しい収縮ができなくなる心房細動や人工心臓弁などは、心臓内の血流を乱すため、血栓ができやすくなります。心臓内でできた血栓が大静脈を経由し脳血管を突然塞ぐ心原性脳塞栓症は、生命の危険度が高く、また神経障害や高機能障害などの重篤な後遺症が残る場合があります。抗凝固療法として、抗血液凝固薬のワルファリン製剤が処方されることがありますが、ワルファリン製剤は他の薬剤や食物との相互作用が報告されており、投与量の確認および調整のため、定期的に患者の血液凝固能を測るプロトロンビン時間(PT-INR検査)を測定する必要があります。しかしながら、多くのクリニックではPT-INR検査を検査センターに外注しており、その日に結果が得られないため、患者来院日に迅速かつ簡易にPT-INR値を測定できるPOC検査装置が望まれています。

エクスプレシア ストライドは、指先からのわずか6μLの血液を使用し、約1分*1 で測定結果が得られるため、患者来院時のワルファリン製剤の投与量調節に役立ちます。使用環境を選ばない乾電池駆動で、訪問診療にも適しています。また、検査室で使われているDade Innovin(デイド イノビン)試薬を採用しており、手のひらサイズのPOC検査装置でありながら検査室と同等の信頼性の高い測定結果が得られます。さらに、高解像度カラータッチスクリーンによるストレスフリーな操作、医療従事者の血液感染リスクを低減する使用済みテストストリップの簡単廃棄を可能にするイジェクター機能の装備など、操作性と安全性にも優れています。

本製品は2015年5月より欧州で先行販売されており、すでに3200台以上の販売実績があります。日本においてはクリニック向けに販売し、初年度販売台数は700台を目標としています。

*1 患者の状態により異なる


測定項目:PT-INR(プロトロンビン時間-国際標準比)/秒

製品名:
届出番号 エクスプレシア ストライド:13B1X10041000030
承認番号 エクスプレシア PT/INRテストストリップ:22800EZX00048000
 

本製品の詳細は、製品紹介Webページをご覧ください。
血液凝固分析装置 エクスプレシア ストライド 


報道機関からのお問い合わせ先

シーメンスヘルスケア・ダイアグノスティクス株式会社
MSC 本部コミュニケーション部 北條
Phone: 03-3493-7630 E-mail