シーメンス、ヘルスケア事業をさらに強化

株式市場への上場を計画、リーディングポジション拡大のために

ミュンヘン |  2016-11-10

シーメンスは、ヘルスケア事業であるSiemens Healthineersのさらなる強化を計画しています。

ヘルスケア事業はその成長プランを実行するうえで、これまで以上に柔軟に対応できるようになります。最終的にシーメンスは、ヘルスケア事業を上場する予定です。

2014年5月、シーメンスAG 代表取締役兼CEOのジョー・ケーザーは、「ヘルスケアテクノロジーは大変魅力的な事業であり、私たちはそのリーディングポジションをさらに拡大させていきたいと考えています。2014年5月に立ち上げた中期戦略であるVision 2020は、この狙いに沿っており、今後も引き続き実施に力を注いでいきます。また、Healthineersは株式上場によって、さらに集中して成長戦略を実行していくことができるようになるでしょう」と、述べています。
2014年5月、シーメンスはヘルスケア事業を「company within the company(会社の中の会社)」として位置づけることを発表し、この事業が変わりゆく医療市場に柔軟に対応できるよう、各国や地域の市場に合わせた注力ができるようにしました。この変更はすでに完了しています。
ケーザーはさらに、「これまでもSiemens Healthineersは、技術の開発・改良を積み重ね、高品質で素晴らしい製品ポートフォリオを有し、マーケットシェアを拡大し続けてきました。シーメンス傘下のSiemens Healthineersは、すでに優位なポジションにありますが、今後さらに強大にするための次なるステップが、株式上場なのです」と、述べています。

本年5月より、シーメンスのヘルスケア事業は新たなブランド名であるSiemens Healthineersとして事業を展開しています。
シーメンスは、株式上場の計画が具体化した時点で、実施予定日やその内容等、より明確な詳細を発表する予定です。とりわけ本計画は、株式市場の状況にも左右されます。

Siemens HealthineersのCEOであるベルント・モンタークは、以下のように述べています。
「株式上場の計画は、世界中の医療機関・医療従事者にとって真の成功の鍵になる、という戦略的目標を達成するための重要な手段となるでしょう。さらなる起業家的な裁量を持ち、迅速な決断ができることは、世界の医療市場の発展に貢献し、医療従事者の成長戦略をサポートすることができるのです。私たちのお客様が、医療機能の統廃合をはじめ、産業化や総合的な健康管理といったトレンドの波に首尾よく乗れるよう、高度なレベルの臨床関連技術、効率的なワークフロー、財務的な付加価値を持ってお手伝いすることができます」。


本プレスリリースの原文はこちらでもご覧いただけます。

【参考資料】
本資料はシーメンスAG(ドイツ・ミュンヘン)が2016年11月10日(現地時間)に発表したプレスリリースを日本語に翻訳したものです。本資料の正式言語はドイツ語・英語であり、その内容および解釈については両言語が優先します。

 

報道機関からのお問い合わせ先:
シーメンスヘルスケア株式会社
MSC本部 コミュニケーション部  中川
TEL: 03-3493-5022 E-mail


このページをシェアする

* LIS (Laboratory Information System):臨床検査情報システム、HIS (Hospital Information Systems):病院情報システム