ポイント・オブ・ケア(POC)向け血液凝固分析装置「エクスプレシア ストライド」発表

東京 |  2016-09-01

シーメンスヘルスケア・ダイアグノスティクス株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長兼CEO:森 秀顕)は、新しい血液凝固分析装置「エクスプレシア ストライド」を発表しました。2016年11月~12月を目途に、販売を開始する予定です。
本装置は、9月2日~4日に神戸国際展示場で開催される第32回世界医学検査学会・第65回日本医学検査学会合同展示会で展示します。

心房が小刻みに震えて正しい収縮ができなくなる心房細動や人工心臓弁などは心臓内の血流を乱すため、血栓ができやすくなります。心臓内でできた血栓が大静脈を経由し脳血管を突然塞ぐ心原性脳塞栓症は、生命の危険度が高く、また神経障害や高機能障害などの重篤な後遺症が残る場合があります。
抗凝固療法として、抗血液凝固薬のワルファリン製剤が処方されますが、ワルファリン製剤は投与量の調整が難しく、他の薬剤や食物との相互作用を起こしやすいため、定期的に患者の血液凝固能を測るプロトロンビン時間(PT-INR検査)を測定します。しかしながら、多くのクリニックではPT-INR検査を検査センターに外注しており、その日に結果が得られないため、患者来院日に迅速かつ簡易にPT-INR値を測定できるPOC検査装置が望まれています。

エクスプレシア ストライドは、指先からのわずか6μLの血液で測定が可能です。迅速に結果が得られるため、患者来院時に投与量の的確な調節が容易です。
検査室で使われているDade Innovin試薬を採用しており、手のひらサイズのPOC検査装置でありながら検査室と同等の信頼性の高い測定結果が得られます。さらに、高解像度カラータッチスクリーンによるストレスフリーな操作、医療従事者の血液感染リスクを低減する使用済みテストストリップの簡単廃棄を可能にするイジェクター機能の装備など、操作性と安全性にも優れています。加えて、本装置は、世界的に権威のあるiFデザイン賞(iF design award 2016)など、複数のデザイン賞を受賞している優れたデザイン性も兼ね備えています。

 

エクスプレシア ストライドの特長

  • 効率性
    わずか6μLの指先採血
    携帯可能なコンパクトサイズ
  • 正確性
    検査室で使用されているDade Innovin試薬を採用
    本体内蔵のバーコードリーダーによる患者ID、オペレーターID、Lot番号の厳格な管理
  • 安全性
    装置本体上部のイジェクターにより、使用済みテストストリップに触れずに廃棄
    装置本体が試薬品質を測定毎に自動チェック
    USBケーブルを用いたデータ転送
  • 操作性
    見やすい高解像度カラータッチスクリーン
    アイコン表示によるスマートかつ直感的な操作
    一連の操作を容易にする人間工学に基づいたデザイン


測定項目

PT-INR(プロトロンビン時間-国際標準比)

届出番号 エクスプレシア ストライド:13B1X10041000030
承認番号 エクスプレシア PT/INRテストストリップ:22800EZX00048000 


報道機関からのお問い合わせ先
シーメンスヘルスケア・ダイアグノスティクス株式会社
MSC 本部コミュニケーション部 北條
Phone: 03-3493-7630 E-mail