BN プロスペック 血漿蛋白検査システム

少数検体測定、特殊蛋白測定の効率化と信頼性を追求。

BN プロスペック 血漿蛋白検査システム
 
お問い合わせ

少量の検体で予備反応を行うプレリアクション法は、抗原過剰を的確にチェックすることが可能です。M蛋白血清でもプロゾーンを起こしません。

検体として血清40μLを、20倍に希釈して使用するため、少量の検体量で多項目の検査が可能です。 試薬はプローブで必要量だけを分注するため、無駄がありません。

検体は希釈してから測定するため、検体中のマトリックスの影響を最小限に抑えることが可能です。

関連情報