Atellica NEPH630 免疫化学自動分析装置

スマート、シンプル、信頼性の高い血漿蛋白測定を

Atellica NEPH630 免疫化学自動分析装置
 
お問い合わせ

多様な検体種でも測定可能な幅広い蛋白測定メニューにより検査の可能性が広がります

  • ネフェロメトリー法による血漿蛋白測定では業界最大級の60項目以上の幅広い測定メニュー
  • フリーライトチェーン(FLC)、糖鎖欠損トランスフェリン(CDT)などを含む革新的な項目
  • 心血管疾患リスク評価、腎疾患、神経障害、栄養状態評価、鉄分と貧血など、幅広い疾患状態のモニタリングをサポート


実機に触れる時間を最小限にすることにより、検査室スタッフは付加価値の高い業務に集中できます

  • ランダムアクセスモードで異なった検体種をフレキシブルに使用可能なためオペレーションが簡単
  • オンボード試薬とコントロール保存は24/7のオペレーションを提供し、長いオンボードの安定性、オペレーターの介入を最小限に
  • 検体搭載能力が高く、Load-and-go 処理(測定の中断なしに検体、試薬の継続搭載や再搭載)が可能
  • プライマリーチューブの正確なバーコードIDが、マニュアル操作を最小限に抑え、検体のミスマッチを回避
  • 自動希釈および範囲外検体の自動再希釈、再測定はオペレーターの介入なしに実行


正確で安全な結果を提供します

  • 実績のあるネフェロメトリー技術により、高い精度と再現性を実現
  • 洗練された抗原過剰プレ反応プロトコールは、より正確な結果をもたらし、再測定の回数を削減
  • 広い初期測定範囲が再測定の必要性を減らす
  • 処理前に検体と試薬レベルを検出し、結果の正確性を保証
  • カイネティック曲線グラフ表示により、高度なトラブルシューティングと付加的な洞察力が可能に
  • 最先端ソフトウェアにより、高度なサイバーセキュリティーを提供


継続的なアクセスとスマートな技術により時間を節約し、無駄を減らします

  • 柔軟性のある自動希釈と再測定は、プライマリーチューブに再アクセスすることなく頻繁に実行
  • 1時間に65テストの迅速な処理能力(測定項目の組み合わせによる)
  • 洗練されたサンプル希釈により、迅速な追加測定や再測定が可能
  • 測定を中断することなく、検体と試薬の継続搭載や再搭載が可能


臨床医がより患者ケアに注力できるようサポートします

  • ロット間の一貫性が測定結果の確かな一致率を高め、臨床医に疾患進行を見抜く確かな洞察力をもたらす

 


このページをシェアする

関連情報

* Atellica NEPH 630 システムへの接続は開発中のため販売していません。将来の販売可能性を保証するものではありません。
** PROTIS アセスメントソフトウェアは、米国では販売していません。製品の販売状態は国によって異なります。販売状況については、最寄りの代理店にお問い合わせください。