バリューを高めるための医療サービス提供の変革

2017-11-20

国民医療費や国家支出に占める医療費の割合は増加の一途をたどっています。世界中の市民や費用負担者、政策立案者にとって、医療システムにおけるバリューの向上は、最も優先されるべき課題です。

最近では、医療をはじめ医療サービスがどのように提供されているかを、パフォーマンス・マトリックスを使って検証し、規制しようとする動きが見られます。価格が高ければ品質も高く、また安ければクオリティが下がるという概念は、もはや通用しなくなってきています。増大する医療へのニーズを満たすため、統合、産業化、ポピュレーション・ヘルス・マネジメントといった戦略が立案されることが多くなりました。これは、医療サービスの構造やインフラのパラダイムシフトへとつながるのです。
 

Siemens Healthineersは、「バリュー(価値)」こそが、これからの医療サービスやケアデリバリーを形づくっていくだろうと考えています。ケアに当たるスタッフがそれぞれに密に協力しあえるよう、チームが組まれます。患者の病状に応じたチームが編成され、成果を落とさずコストも削減できるようなケアが計画されます。このような体制になるために、何が必要なのでしょうか?

  • 参入障壁や格差を下げ、地理的な範囲を拡大することで、医療サービスへのアクセスを向上
  • 日常業務をシフトさせながら、スタッフのスキルを最適化することで、生産性を向上させる
  • クリニカルパスの最適化のために、自動化および標準化されたワークフローを活用して根拠のないばらつきを減らす
  • 集団における健康管理のために、病気の重症度ごとに患者を特定、階層化すること

 

これらの目標をどう達成し、どのような結果を得たかについて、世界各国の事例がご覧いただけます。

関連リンク:

国民医療費や国家支出に占める医療費の割合は増加の一途をたどっています。世界中の市民や費用負担者、政策立案者にとって、医療システムにおけるバリューの向上は、最も優先されるべき課題です。

最近では、医療をはじめ医療サービスがどのように提供されているかを、パフォーマンス・マトリックスを使って検証し、規制しようとする動きが見られます。価格が高ければ品質も高く、また安ければクオリティが下がるという概念は、もはや通用しなくなってきています。増大する医療へのニーズを満たすため、統合、産業化、ポピュレーション・ヘルス・マネジメントといった戦略が立案されることが多くなりました。これは、医療サービスの構造やインフラのパラダイムシフトへとつながるのです。

Download this white paper


このページをシェアする

本ページに記載されている当社お客様のお客様のコメントは、そのお客様の独自の環境で達成された結果に基づいています。いわゆる「典型的な」病院はなく、また多くの異なる条件が存在するため(例:病院の規模、ケースミックス、導入するITシステムのレベルなど)、他のお客様が同じ結果を得られるという保証はありません。