医療のデジタル化が秘めるパワー

2017-12-15

どうすれば、医療提供者はデジタル化の秘めるパワーを存分に活用できるでしょうか?先進的な医療機関を訪ね、施設のデジタル化についてお聞きしました。

デジタル技術は、ヘルスケアを含む多くの産業において、創造的な破壊を引き起こしてきました。スマート・データは、「プレシジョン・メディシンの拡充」、「医療サービス提供の変革」、「患者満足度の向上」を進めていくにあたり、実践につながるような視点をもたらしてくれるのでしょうか?高齢化社会においては、糖尿病などの慢性疾患の増加や、かつてない規模の医療費の増大(EUのGDPの約10%、米国のGDP の18%)がみられており、世界中の医療機関や医療従事者は、よりよいケアを限られた予算の中で行わなければならないプレッシャーに日々直面しています。

私たちはヘルスケア業界の専門家とデジタル化の課題をはじめ、ヘルスケアの変革を促すものについて議論しました。専門家らは、今後のデジタル技術は、患者はもちろん医療提供者のニーズも同時に満たさなければならないと指摘しました。つまり、

  • 医療機関からはもちろん、患者が自宅からもアクセスできるような便利なアクセス環境にする
  • 患者の血糖値や血圧などを遠隔でモニタリングできるようにする
  • 一人ひとりの患者が健康とウェルネスについて知識を得たうえで、自分のこととして責任を持つ
  • 精度を向上させ、標準化し、効率を高める
  • 医療提供者と医療システムの間をシームレスにつなぐ
  • 人工知能(AI)で大量のデータを統合・分析し、より精度の高い診断と的を絞った適切な治療を行う。それにより、個人および集団全体での健康管理の質を改善することが可能となる

 

どうすれば、医療提供者はデジタル化の秘めるパワーを十分に活用できるでしょうか?先進的な医療機関を訪ね、施設のデジタル化について聞きました。

ホワイトペーパーのダウンロード


このページをシェアする

本ページに記載されているお客様のコメントは、そのお客様の独自の環境で達成された結果に基づいています。いわゆる「典型的な」病院はなく、また多くの異なる条件が存在するため(例:病院の規模、ケースミックス、導入するITシステムのレベルなど)、他のお客様が同じ結果を得られるという保証はありません。