糖尿病診断基準の変更にともなう弊社DCAシステムの対応について

DCA システム

2010-07-01

本年5月27日に行われた糖尿病学会学術総会シンポジウムで糖尿病の診断基準にHbA1c が正式に加えられ、本年7月1日から施行されることが発表されました。

内容は下記のとおりです。

  1. 従来の血糖値による診断基準は堅持(基準値はそのまま)
  2. 診断基準にHbA1cを取り入れる
    *ただし、HbA1cの反復検査では確定診断に至らない
  3. HbA1cのカットオフ値は6.1%(JDS値)
  4. HbA1c(JDS値)のNGSP相当値への移行(JDS値+0.4%=NGSP相当値)
    注)NGSP相当値への移行は少なくとも半年以上の周知徹底期間を設けてJDSが発表します

 

これを踏まえて、弊社では

  1. 7月より順次下記の包装の試薬カートリッジを出荷します。
    ・新規添付文書
    ・JDS 対応カリブレーションカード
    ・従来のカリブレーションカード
    ・顧客案内文(JDS 対応カリブレーションカードの裏面に記載)
    注)新しい診断基準に対応するためにはJDSカリブレーションカードをご使用ください
  2. 本内容をダイレクトメールとホームページ上でご案内いたします。

 

今後とも、弊社は糖尿病学会の決定に基づき対応いたします。
ご質問等がございましたら、下記コールセンターまでご連絡いただきますようお願い申し上げます。

お問い合わせ先: サービス・サポート部 コールセンター
電話:0120-734-123平日(月~金) 8:30~18:30
シーメンスヘルスケア・ダイアグノスティクス株式会社