JACLaS EXPO 2018

日本臨床検査自動化学会 第50回大会

JACLaS EXPO 2018
 

Let’s shape the future of Healthcare. Together
臨床検査の新しいバリューで 未来の医療を ともに

患者ケアにおいて、方向性を検討したり、決定を下す際、臨床検査は欠かせないものになっています。
迅速に、精度が高く、しかも低コストで臨床検査が行えるようになれば、すなわち、ケア全体の質を高めることにもつながるでしょう。

私たちは、これからの医療サービスの中核になるのは、新たなバリュー(価値)だと信じています。
たとえば、プレシジョン・メディシンを拡充し個別化医療を進めること。医療サービスの提供方法そのものを変革していくこと。また、患者としての体験の質を高め、家族の満足度にも配慮すること。さらに、医療のデジタル化を強力に推し進めることにより、健康と医療の本質を変えること。私たちは、未来を見すえた新たな価値を追求していくことで、臨床検査に携わる皆様が今以上にすぐれた医療サービスを低コストでご提供いただけるものと信じています。

今年のSiemens Healthineersのブースでは、これらバリューを実感いただける充実した製品群とサービスをご紹介します。皆様のお越しを心よりお待ちしております。


【会期】
10月11日(木) 13:00~17:30
10月12日(金)   9:30~17:30
10月13日(土)   9:30~14:00

【会場】
神戸国際展示場 1号館, 2号館, 3号館
〒650-0046 兵庫県神戸市中央区港島中町6丁目11-1
 


日本臨床検査自動化学会 第50回大会

ランチョンセミナー 3

日時10月12日(金) 12:20~13:10
会場第Ⅲ会場 (神戸国際会議場 3F レセプションホール)
テーマ免疫生化学統合分析装置Atellica Solutionと共に考える新しい臨床検査室
座長上道 文昭 先生 (東京医科大学病院 中央検査部)
演題Ⅰ時代が求めるタスクシフティングと新たな視点
松尾 久昭(シーメンスヘルスケア株式会社 MSC本部)
演題Ⅱ免疫生化学統合分析装置 Atellica Solutionの性能評価とその有用性
伊﨑 精一 先生(一般社団法人 福岡県社会保険医療協会 社会保険 稲築病院 医療技術部)
 *セミナーのご案内は後日掲載予定

ランチョンセミナー18

日時10月13日(土) 12:00~12:50
会場第Ⅷ会場 (神戸国際会議場 5F 504+505)
座長宿谷 賢一 先生 (国際医療福祉大学 福岡保健医療学部 医学検査学科)
演題尿沈渣検査の自動化と新規尿中有形成分分析装置Atellica UAS800
演者森田 賢史 先生 (東京大学医学部附属病院 検査部 一般検査室)
 *セミナーのご案内は後日掲載予定