syngo.via

今までにない読影ワークフローの実現へ

syngo.via
 
お問い合わせ
  • Auto Processing
    syngo.via が画像データを受け取ると、サーバ内では自動識別、自動選択、自動解析が行われ、読影準備が整えられます。そのため、患者名を選択するだけで、最適な環境でスムーズな読影が開始できます。
  • Accessibility
    電子カルテやレポートとの連携はもちろんのこと、他社製品をも含めた既存読影端末システムなどとの連携が可能です。また、シーメンス社製モダリティからsyngo.viaへの画像転送では、独自の高速画像転送技術Direct Image Transferを用いることで、転送時間を大幅に短縮できます。
  • Anytime, Anywhere
    syngo.via はサーバ内で画像処理を行いますので、ネットワーク環境さえあれば、syngo.via がインストールされている端末から、いつでもどこでも1様々な機能を活用することができます。
  • CT用アプリケーション
    CTA 検査後の頭部骨抜き、心臓抽出、血管の中心線抽出など、様々な自動処理機能を搭載。Dual Energy Imaging にも幅広く対応し、解析処理時間を大幅に短縮します。
  • PET・CT用アプリケーション
    画像データ取得後の過去画像の自動取得、位置合わせ等を搭載。最適な読影準備により、スムーズな読影環境が構築できます。
  • MR用アプリケーション
    従来コンソールで行っていたcomposing 等の画像処理をsyngo.via がインストールされた端末なら、いつでもどこでも行えます。また、プロトコルの遠隔管理等、MRI との連携機能も充実しています。
  • アンギオ用アプリケーション
    syngo.via が血管撮影の解析にも対応しました。同一端末上で、CT、MRともにアンギオの解析も行えます。

関連情報

1ご施設のセキュリティポリシーに則ったネットワークが構築されていることを前提としています。