Biograph mMR - MR・PETシステム

最新テクノロジーを持つ3T MRI とPETを1台の装置に完全統合

Biograph mMR - MR・PETシステム
 
お問い合わせ

完全統合を可能にしたシーメンスの新しいテクノロジー

シーメンスは、MRIと分子イメージングのイノベーションリーダーとして、最新技術を結集し、2つのモダリティの完全統合を実現。 Biograph mMRの誕生を可能にしました。


高画質と短時間撮像を可能にする広い撮像視野

Biograph mMRにおいて、MRIとPETの同時撮影を行う場合の撮像視野は、PETの撮像視野つまり体軸方向に配列されているPET検出器の幅で定義されます。本システムでは、PETの撮像視野を従来のPETないしはPET・CT装置に比べて大幅に拡大しており、25.8cmの撮像視野を確保しています。これにより、全身を少ないステップ数でカバーすることが可能になるだけでなく、撮像視野内の感度も向上するため、スループットと画質をともに向上させることが可能です。


世界初の高磁場対応PET 検出器

Biograph mMRの実現に必要なテクノロジーは、3Tの高磁場に適応できるPET検出器の開発と小型化でした。PET・CT装置に搭載されている高分解能型LSO検出器から、PMT(光電子増倍管)を排除し、アバランチフォトダイオード(APD)を採用。磁場の影響を受けないPET画像が得られ、同時に小型化を実現しました。また、PET画像の品質維持に、水冷による冷却システムも備えます。


PETとの同時撮影を前提に開発された新たなTimコイルシステム

MR検査における柔軟性、画質、スピードを飛躍的に向上させたTimコイルシステムがBiograph mMRにも搭載されます。TimコイルはPETとの同時収集を前提とし、ガンマ線の吸収を最小限に抑える低吸収素材に変更されました。その上で、コイル装着位置の自動認識を利用し、吸収補正への組み込みも行われるため、全身にわたって均一なPET画像が得られます。

関連情報