Quiet Suite - MRIシステム向けの新たな静音技術

Imaging is to be seen, not heard.

Quiet Suite - MRIシステム向けの新たな静音技術
 
お問い合わせ

Quiet Suiteはシーケンスフリーで使用することができるため、ルーチンMR検査の質を一新します。
70%以上の静音効果* はLocalization用のシーケンスから始まり、ルーチンシーケンス、造影後の3D高分解能画像にまで及び、特に、臨床現場では、小児や高齢者の検査時に必要な、鎮静処置を低減できると期待されています。


静寂が聞こえる PETRA

新たな静音3DシーケンスであるPETRAを用いた検査中の騒音は、ベースのコンプレッサー音レベルに抑えることが可能です。特に、送受信コイルを使用した場合は、撮像による音は聞こえません。

3D T1強調画像 ~MPRAGE vs PETRA~

3D PETRA

"The realization of quiet MRI is truly exciting. It will improve clinical care for many pediatric, dementia and psychiatric patients, while providing a more comfortable experience for all patients. For the many patients scanned at our hospital, T1-weighted PETRA provided the same diagnostic information as MPRAGE. PETRA even provided diagnostic advantages in some cases; for example, paranasal sinuses could be imaged without susceptibility related Distortion."

静音MRの実現は臨床に有効である。静音MRは、全てのMR検査に快適性をもたらすだけでなく、音に対して鋭敏で指示が通りにくい小児、認知症、精神疾患の患者においてもモーションアーチファクトの無い良好な画像が得られる。当病院においても、このような患者においてMPRAGEの代替としてT1w PETRAを活用している。頭蓋底、副鼻腔における磁気感受率による歪みがなくなるなど、症例によってはPETRAの優位性が示されるケースもある。1)

Dr. Masahiro Ida,
Tokyo Metropolitan Ebara Hospital, Tokyo, Japan

荏原病院 放射線科 部長

井田 正博先生

Quiet T1-weighted 3D Imaging of the Central Nervous System Using PETRA



頭部ルーチン検査 ~従来法* vs Quiet suite~

シーケンス全体(GRE, TSE, SEシーケンス)に静音化技術を用いて検査いただけます。

Localizer

T2 TSE

T2 DarkFluid

SWI

T1 FLASH 3D



関節ルーチン検査 ~従来法* vs Quiet suite~

シーケンス全体(GRE, TSE, SEシーケンス)に静音化技術を用いて検査いただけます。

Knee T1 TSE

Knee T2 TSE

Shoulder T1 DarkFluid

Shoulder T2 TSE


“The PETRA sequence generates close to no acoustic noise and the QuietX SWI 20 dB less noise than conventional SWI. The quiet sequences are gentle for children and have been very useful in imaging pediatric patients. They provide a more comfortable scanning environment without compromising image quality.”

T1-PETRAはほとんど音がしないと感じるほど静かで、十分なT1コントラストが得られ、鎮静下撮像中に覚醒した児はいませんでした。Quiet SWIは3T 、1.5Tともに通常のSWIより約 20dB 静かで実感としてもかなり静かに感じます。約数秒から数十秒長く撮像にかかりますが、画像はまったく同等のものが得られます。どちらのシーケンスも小児に非常に優しい検査環境を作ってくれて、現場はとても喜んでいます。1)

Dr. Noriko Aida,
Kanagawa Children’s Med Center, Kanagawa, Japan

神奈川県立こども医療センター 放射線科 部長
相田 典子先生

* 当社比

1) ご施設によって、装置環境、設定内容などが異なります。この報告が弊社システムの保障をするものではありませんので、予めご了承ください。