MAGNETOM Trio, A Tim System 3T

3T による卓越した臨床応用

MAGNETOM Trio, A Tim System 3T
 
お問い合わせ

1mm以下の高分解能腹部三次元撮像をわずか15秒で実現

Timを搭載したMAGNETOM Trioはマトリックスコイルにより、高いSNRを実現するため超高速撮像においても妥協のない高画質を提供します。非常に短い時間の息止め撮像においても、十分なT1コントラストが得られています。


syngo GRAPPAとmSENSEによる2つの超高速パラレルイメージング

Timを搭載したMAGNETOM Trioは時間の概念を変えていきます。Tim による3Tマトリックスコイルは、32チャンネルのRFコイルと iPAT2を用いて、最大16倍速のリダクションファクターを実現します。従来では1時間も要していた撮像が、わずか数分で施行できるようになるのです。これが 3T MRとTim による実力の一つです。従来では時間の制約により、不可能であった撮像がルーチン検査で行えるようになるのです。ルーチン検査は新たな領域にシフトしていきます。


MRCPも更なる進化を遂げます

Timを搭載したMAGNETOM Trioは安静呼吸下において、1mm以下の等方形ボクセルの三次元撮像をパラレルイメージングとの併用で、3分以下の撮像時間で施行することができます。SPACE による三次元高分解能撮像は肝内胆管の第4分枝までを描出することが可能となります。


関連情報