MAGNETOM Trio, A Tim System 3T

3T による卓越した臨床応用

MAGNETOM Trio, A Tim System 3T
 
お問い合わせ

MR検査のあり方を変える

今日の画像診断を取り巻く環境は非常に厳しくなっています。収入面では医療保険制度改革、あるいは多くのイメージングセンターの台頭により地域での競争が激しくなっています。MAGNETOM Trio, A Tim Systemはこれらの問題を解決し、他とは違う画像診断環境を提供します。

MRではより高度な画像診断が求められています。MAGNETOM Trioが実現するマトリックスコイルによる32チャンネルコイルシステムは、高度化する将来に対しても十分に対応できるポテンシャルがあります。これは、将来にわたり装置の陳腐化を防ぐことができるのです。

Timを搭載したMAGNETOM Trioは導入から将来にわたり安心してお使いいただくことができるのです。
 


貴方にもたらすもの

MAGNETOM Trio, A Tim Systemは、従来ではリサーチレベルであった高度なアプリケーションを、日々の臨床で施行することができます。他ではできない最先端技術を、常に臨床応用できるという大きなアドバンテージを得ることができるのです。
 

世界で初めて臨床に即した3T MRとして、幅広いアプリケーションに対応しています。院内の患者さんは全て院内で施行できます。もう、他の施設に検査依頼を行わなくていいのです。
 


ワークフローの革命

それは現在、多くの制約を受けている日常業務を大きく変えていくことができます。Timと自動化されたワークフローの組み合わせが、驚くべき結果をもたらします。技術に裏付けされた速さと効率化の向上により、高いレベルで現在のワークフローを再構築することができるのです。


スピードの革命

MAGNETOM Trio, A Tim Systemは、真の3T MRの姿を具現化しました。従来ではリサーチレベルであった高度なアプリケーションが、日々の臨床で施行することができます。妥協のない高画質、超高速スキャン、32チャンネルを有する3T MR、そして iPAT2のリダクションファクターは最大16倍速を実現するのです。


ルーチン検査の革命

Timを搭載したMAGNETOM Trioは時間の概念を変えていきます。Tim による3Tマトリックスコイルは、32チャンネルのRFコイルと iPAT2を用いて、最大16倍速のリダクションファクターを実現します。従来では1時間も要していた撮像が、わずか数分で施行できるようになるのです。これが 3T MRとTim による実力の一つです。従来では時間の制約により、不可能であった撮像がルーチン検査で行えるようになるのです。ルーチン検査は新たな領域にシフトしていきます。


快適な検査環境

検査時間が短いほど、被検者の負担は軽減されます。検査時間を短くするという意識があれば、Timを搭載したMAGNETOM Trioは必ず、その要望に応えてくれます。
 

Timを搭載したMAGNETOM Trioは iPAT により、超高速撮像を実現します。速いだけの検査ではなく、優れた描出能との両立により高い診断能の画像を提供します。
 

快適で簡単、そして高い信頼性。
そのすべてがここにあります。
 


静粛性と最強傾斜磁場を両立

MAGNETOM Trioは検査時のノイズを90%削減しました。新たに開発された傾斜磁場コイル・パルスシーケンス・マグネットカバーが被検者に対する撮像ノイズを軽減し快適なMR検査を実現します。高度なアプリケーションに対応する傾斜磁場性能は一切の妥協がありません。


超軽量コイルにより負担を低減

Body Matrixコイルはわずか950グラムと軽く、子猫程度の重量しかありません。一般的な3T MRに採用されているコイルと比べると、わずか10分の1の軽さです。被検者に直接触れるコイルだからこそ、軽量化への配慮は重要と考えます。重篤な被検者においても、安心してコイルを装着することがきます。


すべての人に優しく

患者テーブルは57cmまで下がるので、年配者でも腰掛けてから横になっていただけます。3T MRに付きものの踏み台は不要です。
肥満体の被検者においても、患者テーブルは200キログラムの荷重でも正常に作動します。
閉所恐怖症の被検者では、頭部を除くすべての検査部位において、足側からガントリに入るかたちで検査が行えます。
頭部検査においても開放的なコイルデザインにより、安心して検査を受けることができます。


関連情報