MAGNETOM Avanto 1.5T

RFテクノロジーとマトリクス・コイル・コンセプトを採用した新しいMRシステム。Timテクノロジー搭載、MAGNETOM Avanto。

MAGNETOM Avanto 1.5T
 
お問い合わせ

騒音の大幅な削減

MAGNETOM AvantoのAudio Comfortテクノロジーは、最大30dB(A)の騒音低減を可能にします。つまり、ほぼすべての臨床ルーチン・シーケンスによる騒音が削減されるのです。それでいて、傾斜磁場性能はかつてないほど強力です。検査時間の短縮。不安の軽減。すべては、快適な検査のために開発されました。
 

これまで飛行機の離着陸と同等の120~130dBの騒音レベルだったEPIによるfMRI検査。Audio Comfortテクノロジーによって-30dBの騒音をカットを実現しました。ほぼ90~100dBで、街角で少しうるさく感じる程度。これは聴覚(人が感じる音の大きさ)で、ほぼ97%低減されたことになります。さまざまなアプリケーションで快適性をもたらします。


超軽量コイル

患者さまの負荷を軽減しました。たとえば、Body Matrixコイルの重さは、業界の平均値よりもはるかに軽いわずか950g。特に重篤な心臓病ある肺がん患者に対しても、大幅に向上した快適な検査環境を提供します。また、Timテクノロジーにより全身をカバーできるため、再セッティングの心配をする必要がなくなり、業務の負荷も軽減されます。


すべての人に優しいデザイン

MAGNETOM Avantoでは、患者テーブルは47cmの低さまで降りてきます。特に高齢者の場合には、腰掛けてから患者テーブルに横になることができます。また、ほとんどすべてのMR検査を足から頭部に向かって行うことができるので、閉所恐怖症の方に最適です。体格の大きい被検者に対しても、200kgまで支えることが可能なので検査テーブルの動きにも支障はありません。


ワークフローの革命

限られた資源を、いかに効果的に管理するか。賢く生産性を向上させるのは、驚くほど簡単です。準備から、スキャン、そして評価まで。MAGNETOM Avantoでは、時間の概念が変わります。


関連コンテンツ・製品・サービス情報