バーサセルX3 ワークセル型検体搬送システム

3台の分析装置を1ヶ所で操作。オペレーターは1人。レポートも1つ。

バーサセルX3 ワークセル型検体搬送システム
 
お問い合わせ
バーサセルX3 ワークセル型検体搬送装置
バーサセルX3

ワークセル型検体搬送システム

Versacell + Centaur XPT + IMMULITE2000XPi
2、3台の機器をワークセル化

ケミルミADVIA Centaur XPT+イムライト2000XPi

Centaur XPT + イムライトXPi
接続例
回転式ロボットアーム
回転式ロボットアームを使用したコンパクトな検体システム
緊急検体用ドロワー
緊急検体用ドロワーの搭載により迅速な検体処理を実現

(8ポジション)

バーサセル X3 はロボットアームを採用した先進のワークセル型検体搬送システムです。
接続された分析機の運用、および情報を一元化することで検査室のワークロードを大幅に低減します。 

 

3台の機器をワークセル化

● 全自動化学発光免疫測定装置ケミルミ ADVIA Centaur XPTと臨床化学自動分析装置Dimension EXL 200を接続することで、生化・免疫項目を1台の分析機として運用できます。

● 検体投入口は一ヶ所
約4.5メートル四方の設置スペースに生化・免疫測定のワークセルが構築できます。

● オンラインの1本化
接続された分析機のオンラインを集約化することができます。   


Share this page:

関連情報