アプティオ オートメーション 検体搬送処理システム

シーメンスが提供するベルトラインをベースにした新世代フル搬送システム

アプティオ オートメーション 検体搬送処理システム
 
お問い合わせ

様々な測定機器の接続性に加え、測定の前処理・後処理を含めた各種検体処理モジュールを組み合わせることで、お客様のニーズにお応えします。


分析前 処理モジュール

Input/Output Module (IOM)

検体のインプット、アウトプット、ラック指定による仕分け機能
最大720検体搭載可能

Bulk Input Module (BIM)

バルク単位での検体インプット
ワンステップ大量インプット
最大処理能力:1,000検体/時

 

Decapping Module (DM)

オーバーキャップタイプの採血管の自動開栓
最大処理能力:800検体/時

Rack Input Module (RIM)

ラック単位での検体インプット

検体数に応じ追加可能
最大処理能力:800検体/時

 

Aptio 遠心分離モジュール (CM)

遠心時間、温度の設定が可能
最大処理能力:300本/時 (10分間遠心時)

届出番号:13B1X10041000034

 

Tube Inspection Module (TIM)

CCDカメラによる検体バーコード読み取り、
採血管種とLISオーダーのミスマッチ検出

 


分析後 処理モジュール

Tube Sealer Module (TSM)

分析後の検体保存用チューブシール機能
最大処理能力:800検体/時

 

Desealer Module (DSM)

チューブシールの除去機能
最大処理能力:200検体/時

 

Aliquotter Module (AM)

必要に応じた二次子検体の作成、小分け分注機能
最大処理能力:100検体/時(1:4分注時)

Refrigerated Storage Module (RSM)

検体の自動保存、再検、廃棄
9,000本、15,000本収納タイプから選択

 

Rack Output Module (ROM)

ラック単位での検体アウトプット
検体数に応じ追加可能
最大処理能力:800検体/時

Aliquotter Recapper (AR)

二次子検体チューブのスクリューキャップ閉栓
外注、長期保存用など
最大処理能力:400検体/時


搬送トラック

搬送トラック

RFID技術を使用した1検体単位でのスムーズな搬送、円形軌道型の搬送トラック
最大検体搬送能力:3,600検体/時

U-Turn Module

必要に応じ、検体搬送をショートカット、最短ルートでの検体搬送が可能

T-Turn / L-Turn Module

検査室の広さ、形状、接続機器に合わせた柔軟なレイアウトの構築


関連情報