Atellica Solution

検査プロセスを制御し、運用をシンプルに。医療の質の向上に貢献します。

特許取得の磁気搬送技術 Atellica マグラインの双方向・一本検体搬送により迅速な検査結果を報告。
また、300パターン以上の機器構成により、設置スペースや検体数に合わせて柔軟なレイアウトが可能です。


より効率的な検査業務を実現

検体を投入後、カメラが全ての検体容器を瞬時にスキャンし、検体と検体容器の種類を特定するため、従来手作業で実施していた検体の仕分けが不要です。従来のコンベアの10倍の速さ*を誇る双方向磁気搬送システムAtellica Magline(アテリカ マグライン)は、搭載された検体を独立制御し、緊急度の高い検査を最優先で測定して結果を報告します。高度に自動化された検体測定は、検査の待ち時間短縮に貢献します。


300パターン以上のカスタマイズによる柔軟なレイアウト

リニア、L字型、U字型を含む300通り以上のレイアウトにより、多様な検査室にも柔軟に対応可能です。


Atellica Solutionによる新たな機器運用のご提案

オペレータータブレットは、離れた場所からの装置の操作・管理を可能にします。
装置モニタリングとコントロール、およびリモートアシストを使用したライブチャット、音声、ビデオリモートサポートにより、装置に束縛されない検査体制を実現し、不慣れな方にも安心のサービスサポートを提供します。



Share this page:

関連情報