アドヴィア 560、560 AL 血球計数装置

大規模施設の緊急検査室、バックアップ機、中小規模施設のメイン機として

アドヴィア 560、560 AL 血球計数装置
 
お問い合わせ

小型・省スペース

  • コンパクトな設計により、省スペースで設置が可能

 

高い処理能力

  • 処理能力は、最大 60検体 / 時間
  • 測定項目は、血球計数+白血球5分類(26項目)
  • 検体記憶容量は最大100,000検体
  • 双方向通信による患者データと測定結果通信

 

簡単操作

  • 直感的に簡単操作できる10.4インチの大型カラータッチスクリーンと大型アイコン
  • 毎日のメンテナンスは自動洗浄のみ
  • ハンドヘルドバーコードスキャナー標準付属
  • 採血管は開栓閉栓いづれも使用可能

 

安心・安全

  • 独自のサンプルローターとキャップピアシングによりバイオハザードリスクを低減

 

オートローダー(オプション)

  • オートローダーによる自動バッチ測定
  • 最大100本の採血管を架設(1ラック10本×10)
  • 自動採血管キャップ認識機能を搭載
  • バーコードリーダーによる検体認識と自動検体撹拌
  • 検体追加はいつでも可能
  • 自動測定中の割り込み測定も容易
  • オートローダー本体は、いつでも後付けが可能

 


Share this page:

関連コンテンツ・製品・サービス情報