アドヴィア 2120i  総合血液学検査装置

実践的なオートメーションを検査室に

アドヴィア 2120i  総合血液学検査装置
 
お問い合わせ

スクリーニング検査で正確度の高い結果報告
ADVIA2120iでは、白血球分類にゴールデンスタンダードであるペルオキシダーゼ染色法と核密度分析の二法を採用しています。

  • 再測定の低減
  • 低いマニュアル鏡検率
  • ターンアラウンドタイムの短縮
  • 低域から高域まで優れた直線性:WBC 0.02-400(×103/μL)

RBC

  • RBC形態分類
  • 論理的な形態フラグ
  • マニュアル検査の削減
  • 独自のセルラーヘモグロビン測定法は、乳ビによる測定妨害を排除

Retic

  • CHr:優れた鉄剤治療の反応指標
  • 鉄欠乏を赤血球生成時に直接測定
  • 透析、小児領域に優れたソリューション

PLT

  • 容積と屈折率の2次元による血小板分析法
  • 60flのサイズまで血小板測定可能
  • 大型血小板測定可能
  • 破砕赤血球、小型赤血球と識別可能

CSF

  • 5分以内で結果報告可能
  • "0"からの直線性と、白血球3分類を可能とする唯一のメソッド
  • 自動測定による一貫性のあるデータ提供を可能にし、これまで不可能であった精度管理を実現

関連情報