FAST 3D Camera

ポジショニングの自動化

今日のCT検査において、オペレーターは正確なポジショニングを行うために多くの時間を費やし、それ自体が1つの重要な仕事だと言えます。体形、身長、体重などが被検者ごとに異なることに加え、アイソセンターはオペレーターが視覚により判断するため、正確なポジショニングを行うことは非常に難しいといえます。
FAST 3D CameraはCT検査におけるポジショニングを正確に、効率よく行うための新しいワークフローを提案します。


正確なポジショニングへの挑戦

イギリスで報告されたデータ*1によれば、CT検査全体の95%においては被検者を正確にポジショニングはできておらず、平均してアイソセンターから上下に2.6cmのずれが生じています。
この誤差はわずか数センチというレベルですが、検査に影響を及ぼしています。
仮にアイソセンターから3cm高くポジショニングをした場合には、実際より大きな体格の被検者と誤認識され、自動線量コントロールにより、最大18%の被ばく量が増大します。
3cm低くポジショニングをした場合には、画像ノイズが最大6%増え診断への影響が懸念されます。
 


FAST 3D Camera ポジショニング自動化の流れ

全てのCT検査でハイクオリティをスタンダードに
3つの簡単なプロセスで、より正確なポジショニングを。 

ステップ1. 3次元計測

正確なポジショニングをサポートするため、FAST 3D Cameraが生まれました。

  • FAST 3D Cameraは被検者の体形、位置、身長を3次元でキャプチャします。
  • 赤外線も活用できるため、被検者の服が厚い場合にも対応できます。

 

ステップ 2. 正確な計測

ボタンを1つ押すだけで、自動的に計測が始まります。

  • 体軸方向(z方向)の体幹部領域を認識
  • 被検者の寝ている方向(Head first/Foot firstおよび腹臥位/仰臥位)を認識し、誤りがある場合は正しい方向に誘導
  • テーブルの高さと被検者の厚みを計測

ステップ 3. 寝台の高さを正しい位置へ移動

FAST 3D Cameraで得たアイソセンターをFOVの中心に寝台の高さを調整。
位置決め撮影の開始位置まで移動も可能です。迅速な検査とより正確な画像を提供します。

自動化とアシスト機能で検査のスループットを向上

  • FAST Topo:位置決め撮影速度を速くすることができ、より被検者に負担の少ない検査環境を提供します。
  • FAST Planning: 位置決め画像から得られる解剖学的な情報をもとに、最適な撮影範囲とFOVを自動設定します。
  • FAST 3D Align: 被検者の解剖学的構造を3次元で認識し、アキシャル断面だけではなく、サジタル断面やコロナル断面についても再構成範囲を設定します。

 

1Li J, Udayasankar UK, Toth TL et al., Automatic patient centering for MDCT: effect on radiation dose. Am J Roentgenol. 2007;188:547–552