SOMATOM Scope

“Focus on the essence” - CT検査に新しい価値を

SOMATOM Scope
 
お問い合わせ

被検者に優しい装置設計

SOMATOM Scopeは被検者が安心して検査を受けられるように設計されています。高性能なCTの基本スペックはそのままにガントリをスリム化しました。また、撮影開始位置までの寝台の昇降やテーブル送りを足元のフットスイッチひとつで操作できるため、常に被検者に手を添えながら検査の準備ができます。



簡便な操作で様々な検査を

マルチスライスCT 装置の煩雑な操作環境を改善しました。撮影範囲は、撮影部位に合わせてCT装置が自動に設定します。ガントリ傾斜機能により、水晶体等への被ばく低減や、歯科用金属のアーチファクトの低減に効果を発揮します。



低被ばくでありながら高画質

スキャン面内を均一にサンプリングするFlying Focal Spot が高密度にデータを収集し、高画質を実現します。また、従来より感度が10%* 高い新型UFC 検出素子を使用した検出器と逐次近似画像再構成により、さらに被ばくを低減した撮影が可能です。  * 自社比


Image quality matters



トータルコストの抑制

トータルコストの抑制も考慮したバランスの良い装置設計になっています。スリムガントリそしてクラス最小の底面積* 8㎡ により多様な設置スペースに対応します。また、省エネ・安定制御機構eCockpitにより、常に装置が最適な状態で検査できるように制御しています。  * 2014年4月現在、自社調べ。また、室内の状況、条件等により異なります。



関連コンテンツ・製品・サービス情報