SOMATOM Perspective

時代が求めた新コンセプトCT

SOMATOM Perspective
 
お問い合わせ

多彩な撮影機能で高精細な画像を提供

上位機種にも採用されている撮影機能を数多く搭載し、高精細な画像を提供

CT装置の多列化に伴い、撮影速度が飛躍的に速くなっています。しかし、単なる多列化では大きな画質の改善を得ることができません。
特に、1mm未満の薄いスライス厚でのデータ収集がルーチンとなってくると、線量と画像ノイズの問題が顕在化してきます。

SOMATOM Perspectiveには最新の撮影方式を数多く搭載しています。面内のデータ密度を倍密化させるFlying Focal Spot機能や、撮影ピッチによって変化する実効スライス厚とノイズ量のばらつきを抑えるSureView機能等、常に高精細画像を提供するための妥協のない機能が搭載されています。


さまざまな被ばく低減機能

装置の多列化とともに開発されてきたさまざまな被ばく低減機能

マルチスライスCT装置の開発と同時に、シーメンスでは常に被ばく線量を低減させる機能を開発してきました。

発光特性の優れた検出素子の開発、X線利用効率の向上、線量制御の開発など妥協無く装置の開発を行っています。

更に、被ばく低減を実現するための、 Raw data を用いたモデルベースでの逐次近似画像再構成法を塔載しています。ルーチン検査で十分使える画像再構成時間を有しています。
 


FAST Operation

オペレーターの一歩先の操作を完全にサポート


従来のCT検査では、位置決め画像を撮影した後にオペレーターが撮影範囲を設定し、撮影条件と画像再構成条件をCT装置に読み込ませる必要がありました。その後、ガントリの回転がスタートしますので、実際の撮影が開始するまでには長い待ち時間が発生していました。
SOMATOM Perspectiveでは、装置が常にオペレーターの操作状況を確認しており一歩先の制御を自動で行います。例えば、オペレーターが被検者登録ボタンを押せば、装置は自動的に位置決め画像が撮影できる位置にX線管球を停止させます。また、位置決め画像の撮影が終わるとすぐにガントリを回転させますので、
引き続きスムーズに次の本スキャンに移行することができます。待ち時間の少ない快適な操作はもちろん、検査効率を大きく向上します。
 

関連情報