学会・展示会・セミナー情報

Women's Health

学会・展示会・セミナー情報
 
お問い合わせ

第4回 Advanced Breast Conference

  • 日時:2017年8月5日(土) 13:30~18:00 (13:00開場)
  • 会場:ナレッジキャピタルコングレコンベンションセンター B2F
    大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪 北館 B2F

開催レポートはこちらをご覧ください。


第3回 Advanced Breast Conference

プログラムを3部構成とし、8月6日(土)に仙台にて開催しました。

第1部の「マルチモダリティのクリニカルベネフィット」では、森先生(東北大学)よりMRIと造影超音波検査中心に診断における有用性と現状について、宮下先生(東北大学)からは2Dのマンモグラフィを中心に、マンモグラフィ検診不利益を減らすための取り組みや、外科医として画像診断に求めることについてご講演頂きました。

第2部の「テクニカルベネフィット」では、超音波検査の施行者依存性の克服を目指してシーメンスが取り組んできたテクノロジー、および乳腺画像診断におけるMRIの役割や最新トピックをご紹介しました。また、弊社からの情報提供に加えて、岸本先生(明和病院)より「トモシンセシスの有用性と臨床的位置付け」と題して、参加者の方にも手元のモニタで実際の症例をご覧いただきながら、トモシンセシス読影の実践講習を行いました。続けて、増田先生(明和病院)より、トモシンセシスの乳房撮影について、導入前の懸念点が実際の運用でどのように解消されたかと、MAMMOMAT Inspiration により被検者の苦痛が減った等のご報告をいただきました。

第3部は「マンモグラフィの精度向上を目指して」をテーマに、斎先生(東北大学)よりデジタルマンモの品質管理のポイントについて、平井先生(北福島医療センター)より、画像から見たポジショニングについて、実際の臨床画像を提示いただきながら、問題点と解決ポイントを分かりやすくご説明いただきました。また、会場内に超音波画像診断装置を展示し、実機を活用したアプリケーションの紹介を行うなど、盛りだくさんの内容となりました。

ご参加いただいた方々から、「明日からの撮影にすぐ活かしたい」「実際の症例画像を見ることができてとても有意義だった」「外科医の視点や世界のトレンドなど、普段あまり聞けない講演もあり、とても参考になりました」などの感想をいただきました。


第2回 Advanced Breast Conference

以前からご要望いただいていたRIの乳腺検査に関する講演も追加し、2015年8月1日(土)に福岡にて開催しました。

「読影の補助(一時読影)の取り組み~よりよい画像情報を提供するために~」、「マルチモダリティによる乳癌画像診断」についての講演に加え、トモシンセシス読影の実践講習や超音波画像診断装置の実機を使用したハンズオントレーニング、MRIに関する講演と盛りだくさんの内容となりました。

ご参加いただいた方々から、「日常の診療に活かせる内容で、非常に勉強になった」、「乳がん診療ガイドラインも含めた内容で、現状がとてもよくわかりました」、「最新技術をわかりやすく知ることができてよかった」、「初めてトモシンセシスを実際に見たのですが、2Dで見つけることが できない病変がこんなにもはっきり分かることができて、すごかったです」、「MRガイド下生検や最新シーケンスなど、今後参考になるようなことが聞けて勉強になりました 」、「内容豊富で非常に刺激になりました」など、たくさんの感想をいただきました。