学会・展示会・セミナー情報

Women's Health

学会・展示会・セミナー情報
 
お問い合わせ

乳がんの罹患率が40歳台でピークを迎える日本では、マンモグラフィ検査、超音波検査、およびMRI 検査は、乳がん検診において重要な検査方法です。

マンモグラフィ装置では、フラットディテクタなどの技術的進歩、開発によりデジタル化が進んでいます。また、超音波検査においては、自動スキャンによる検診システムや組織の硬さによる評価などが加わり、検査が多様化しています。近年ではMRI 検査の重要性も報告されており、MRI ガイド下で生検を行う施設も増えてきました。

シーメンスでは、これらの最新技術情報や、乳がんに関する有益な情報を提供するため学会・展示会への協賛や自社セミナーの開催など、さまざまな活動を行っています。