あなたらしい人生のために、ご自身に合った乳がん検診を

For women, for health, for life.

あなたらしい人生のために、ご自身に合った乳がん検診を
 
お問い合わせ

実践しましょう、自己検診

 

月1回の自己検診も大切早期発見の第一歩です
乳がんは身体の表面に近い場所で発生するため、ご自身でも調べることができます。
定期的に自己検診を続けることで、いつもと違う変化に気づくことができます。定期的な検診に加えて月一回の自己検診を行いましょう。

鏡の前で乳房のかたちをチェックしましょう

❶ 鏡の前に立ち、両腕の力を抜いて自然に下げたまま、次のことを調べます。
1.左右の乳房のかたちや大きさの変化
2.乳房まわりのへこみや皮膚のひきつれ
3.乳首のへこみやただれ

 

❷ 両腕をあげた状態で同様に調べます。
(しこりがあると、そこにへこみができたりひきつれが起きたりすることがあります。)

仰向けになってチェックしましょう

 

❸ 仰向けに寝て、あまり高くない枕などを背中の下に入れます。左手は頭の下に入れます。右手の指をそろえてのばし、まず左乳房の内側にしこりがないか調べます。

❹ 右手を左乳房の内側(乳首よりも内側)にのせ、指の腹を胸の中央部に向かって、柔らかく、しっかり滑らせるようにし、しこりの有無をまんべんなく調べます。

❺ 同じ姿勢のまま左腕を自然な位置に下げ、今度は乳房の外側の部分を外から内に向かって、柔らかく、しっかりと指を滑らせて調べます。❻ 右乳房も同様の方法で調べます。

ワキの下のリンパ節、乳頭をチェックしましょう

❼ おきあがり、右手の指をそろえてのばし、左ワキの下に入れてしこりがないかを指先で確かめます。右ワキの下も同様に調べます。

 

❽ 左右の乳首を軽くつまんで、乳を搾るようにして血液の混じった分泌物が出ないかを確かめます。

こんな症状に気づいたら、専門医を受診しましょう

しこり(乳房・ワキの下)
乳頭からの分泌
月経周期以外の痛み

乳頭の湿疹・びらん(ただれ)
乳房皮膚のくぼみ・ひきつれ
乳房皮膚の色の変化

【監修】
社会医療法人博愛会 相良病院
乳腺科部長 相良 安昭 先生