がん検診の新しいかたち

MR-PET 検診

がん検診の新しいかたち
 
お問い合わせ

MR-PET はMRI とPET が1つになった新しい検査装置です


MRI

わずか数ミリの病変部でも詳細な画像で映し出す

 

MRI 検査とは筒状の検査装置に入り、強力な磁石と電磁波を利用し、身体から放出されるわずかな信号をとらえます。体内の臓器や病変部を詳細な画像として見ることができます。

 

  • 小さな病変部を見分ける能力が優れています
    MRI装置はコントラストに優れた画像が特徴で、脳血管や脊椎、心臓など幅広い画像診断で用いられます。数ミリのがんまで見分けられると言われ、近年では、乳がんや前立腺がんの検査にも役立っています。

 

  • 被ばくのない検査が行えます
    放射線を使用しないため、安心して検査を受けていただくことができます。

PET

がん細胞がどれくらい活動しているかを画像化する

PET 検査とはブドウ糖を多く吸収するがん細胞の特性を活かし、FDG というブドウ糖に似た薬剤を体内に取り込んでその集まり具合を調べ、体内のどの部分にどの程度のがんがあるかを調べる検査です。

 

  • 小さな初期段階のがんでも画像にすることができます
    PET装置は、かたちではなく活動レベルで病巣を画像化します。そのため、まだ成長が初期段階の比較的小さながんの発見が期待できます。

 

  • 1度の検査で全身を調べられます
    一気に全身を撮影し、がんの転移の有無まで調べることができます。また、寝ているだけの検査で、身体的な負担が少ないのも特長です。

監修
さがらブレストピアヘルスケアグループ 乳腺科部長
社会医療法人博愛会 相良病院附属ブレストセンター 放射線科部長
戸﨑 光宏 先生