がん検診の新しいかたち

MR-PET 検診

がん検診の新しいかたち
 
お問い合わせ

がんの早期発見には、複数の検査を組み合わせたより質の高いがん検診が求められています。
がんを患う方が年々増え続け、今や、日本人の2人に1人が、がんになり、3人に1人が、がんで亡くなるといわれています*。がんを克服する一番の対策は、早期発見、早期治療です。現在では、検査方法や検査装置の進化とともに初期の小さながんでも発見することが可能になりました。

一方で、検査装置にはいろいろな種類があり、
病巣の位置やがんの種類によって、得意、不得意が存在します。

 

そこで、求められているのは、複数の検査を組み合わせた「質の高い検診」。

がんの早期発見に、今、最も有効な方法です。


 

MRI とPET の検査が同時に行える、MR-PET 

世界でもまだ限られた施設にしか導入されていない、最先端の検査装置がMR-PET です。

MRIとPETそれぞれの装置の優れた特長を組み合わせて1回の検査で、
より高い精度のがん検診が行えます。がんの早期発見に大きな力を発揮します。

* 厚生労働省「平成25年度 がん検診受診率50%に向けた集中キャンペーン」サイトより

監修
さがらブレストピアヘルスケアグループ 乳腺科部長
社会医療法人博愛会 相良病院附属ブレストセンター 放射線科部長
戸﨑 光宏 先生