アレルギー検査試薬アラスタット3g* とは

新しい特異的IgE検査“ アラスタット3g* ” は従来法にない高感度(検出限界0.1IUA/mL)とワイドレンジ

(~ 500IUA/mLまで定量測定)を可能にした第3世代の特異的IgE検査です。

アラスタット3g* の3gは、‘3rd generation ’( 第3世代)を意味します。

特異度の改善と高感度・ワイドレンジの実現

第2世代からの変更点は

  • 固相アレルゲン から 液相アレルゲンに改良することで反応性を向上させるとともに、立体障害を最小化して特異度を改善しました。また、個々のアレルゲン濃度を至適濃度に調整することで、反応液中の抗原抗体反応をピーク状態に維持しています。
  • 測定原理をEIA法からCLEIA法に改良することで、最小検出感度を0.1IUA/mLと高感度に、また測定限界を500IUA/mLまで広げ、高感度・ワイドレンジを両立しました。

立体障害を最小化するための技術

抗原を固相化するときには目的抗原のエピトープと抗体の結合が阻害されないようにする必要があります。特に分子量が小さい場合は、抗原を担体に直接的に結合させるとエピトープがブロックされてしまうことや、立体障害により抗体がエピトープにアクセスできないことがあります。アラスタット3g* では抗原のアミノ基と反応するNHSエステルをスペーサーアームとして用いることで立体障害を最小化しています。この技術により、反応性を向上させるとともに特異度を改善しました。


タイトレーションカーブ 

液相アレルゲンは、アレルゲンと特異的IgE抗体の反応を至適濃度に維持できます。

反応系のアレルゲン濃度を至適化することで、アレルゲン量不足による特異的IgG抗体の干渉を防ぐとともに、IgE 抗体過剰による反応性の低下も防ぐことができます。


検査結果の判定法および濃度単位

IgE抗体濃度(IUA/mL)とクラス分類

クラスIgE抗体濃度(IUA / mL)判定

0

<0.10陰性
0.10 ~ 0.34微弱陽性
10.35 ~ 0.69弱陽性
20.70 ~ 3.49

 

 

  陽性

33.50 ~ 17.4
417.5 ~ 52.4
552.5 ~ 99.9
6100≦

 

判定:測定感度の向上により、0.1~0.34IUA/mLの範囲を新たに微弱陽性と位置づけました

較正用基準物質:WHO 2nd IRP 75/502

* シーメンス・イムライズ アラスタットIgEⅡ