風邪に似た症状が・・・実はアレルギー!

夏から秋にかけて多くなるアレルギーの原因物質とは?

鼻水やくしゃみが続いたり、皮膚炎が悪化するなどの風邪に似た症状が続く場合、夏から秋に特有のアレルギーを発症している可能性があります。キク科の花粉、昆虫、 ダニ・・・ 夏から秋のアレルギー症状の原因は多彩です。アレルギー検査で原因を突きとめましょう。

監修:NPO 法人 日本健康増進支援機構 理事長 榎本 雅夫 先生

原因アレルゲンとその対策

キク科の花粉など
空き地などに繁殖するブタクサ、ヨモギ、フランスギクなどの花粉飛散シーズンは8月~10月です。これらは繁殖力が強く、空地や荒れ地、道端、土手などに群生しています。

  • マスクやメガネを着用して、花粉を吸入しないようにします。
  • スギやヒノキなどと違い、これらの花粉は数十メートルしか飛散しません。原因となる植物に近づかないことで症状は抑えられます。
  • 家の近くに群生している場合は、花が咲く前に除草します。

 


成虫のりん粉、りん毛や幼虫の糞がアレルギー性鼻炎や喘息の原因となります。

  • 夏から秋に最も多く出現します。 特に9~11月は照明器具の周辺、タンスの裏側や机の下など、死がいが溜まりそうな場所をこまめに掃除しましょう。
  • 皮脂も餌になりますので衣替えの季節など衣類をタンスにしまう時は清潔に。防虫剤の有効期限も確認しましょう。

ユスリカ
死がいが乾燥して微細な塵になったものが、アレルギー性鼻炎や喘息の原因になります。

  • 外灯や側溝などに出現します。大量発生した時はマスクを着用してアレルゲンを吸入しないようにしましょう。
  • 光に誘引されるので、死がいは網戸や窓枠に溜まります。死がいを見つけたらマスクを着用して取り除きます。

ダニ
夏に繁殖するため死がいやフンが秋に増加し、アレルギー疾患が増える原因ともいわれています。

ピークはいつ?原因アレルゲンの飛散・発生時期

スギやヒノキの花粉シーズンが終わっても、様々なアレルゲンに注意が必要です。アレルギー検査で原因を突きとめましょう。

関連情報