喉のイガイガはアレルギーかも

クラスⅡ食物アレルギー

花粉抗原を原因とした花粉・食物アレルギー(Pollen-Food Allergy Syndrome: PFS)をクラスⅡ食物アレルギーと呼び、食物を食べることで感作され発症するクラスⅠ食物アレルギーと区別されます。

果物や野菜を食べると口の中や周りがピリピリしたり、喉がイガイガするのが代表的な症状です。
花粉症があり、このような症状がある場合は、お医者さんに相談してみましょう。

 

果物・野菜の特異的IgE抗体検査

初めは口やのどだけで起こっていた症状が、原因食物を食べ続けることで重症化したという報告があります。現在では多くの果物・野菜の特異的IgE抗体検査が可能になり、PFSの原因検索に役立っています。

花粉抗原との関連が報告されている主な野菜・果物

シラカンバ、スギ、ヨモギ、イネ科、ブタクサの花粉症の方は以下の食材にご注意ください。

花粉野菜・果物
シラカンバ

バラ科
(リンゴ、洋ナシ、サクランボ、モモ、スモモ、アンズ、
アーモンド

セリ科(セロリ、ニンジン

マタタビ科(キウイ

ナス科(ジャガイモ

カバノキ科(ヘーゼルナッツ[ハシバミの実]

ウルシ科(マンゴー

しし唐など

スギナス科(トマト
ヨモギセリ科(セロリ、ニンジン)、マタタビ科(キウイ
イネ科

ウリ科(メロン、スイカ)、ナス科(トマト、ジャガイモ

マタタビ科(キウイ)、みかん科(オレンジ)、
豆科(ピーナッツ)など

ブタクサウリ科(メロン、スイカ、カンタローブ、ズッキーニ、キュウリ)
バショウ科(バナナ)など

血液検査で特異的IgE 抗体が測定可能な果物・野菜

監修:NPO日本保険増進支援機構理事長 榎本雅夫 先生

関連コンテンツ・製品・サービス情報