アレルギー性鼻炎の原因はスギ花粉だけ?

さまざまな花粉症の症状

監修:NPO 法人 日本健康増進支援機構 理事長 榎本 雅夫 先生

 

アレルギーの症状は、くしゃみ、鼻水、鼻づまりだけではありません。

花粉症の患者さんには、くしゃみ・鼻水・鼻づまり以外にも目のかゆみ、喉のイガイガ、皮膚のかゆみ、肌荒れ、下痢や熱っぽいといった症状が現れることがあります。
また、室内のホコリにはダニ、カビ、ペットのフケや昆虫の死がいなどが含まれており、年間を通してのアレルギー性鼻炎の原因になります。

スギ花粉以外の原因によるアレルギー性鼻炎

「スギ花粉の季節が終わっても、症状が長引く」という患者さんの声を多く聞きます。スギ・ヒノキ花粉症と言われる春のアレルギー性鼻炎以外にも、アレルギー症状を引き起こす植物は国内だけでも約60種類が報告されています。

代表的な季節性アレルゲンと通年性アレルゲン

季節性アレルゲン

樹木(春の花粉症)

  • ハンノキ
  • スギ
  • ヒノキ
  • シラカンバ

イネ科(春~夏の花粉症)

  • ハルガヤ
  • カモガヤ
  • ギョウギシバ
  • オオアワガエリ

雑草(夏~秋の花粉症)

  • ブタクサ
  • ヨモギ
  • フランスギク
  • アキノキリンソウ

 

通年性アレルゲン

室内のホコリ

  • ハウスダスト
  • ヤケヒョウヒダニ
  • コナヒョウヒダニ
  • ゴキブリ

ペット(動物)

  • イヌのフケ
  • ネコのフケ
  • ハムスター
  • ラット

カビ

  • ペニシリウム
  • アスペルギルス
  • アルテルナリア
  • クラドスポリウム

アレルゲンカレンダー

年間を通じて、様々なアレルゲンに注意が必要です。アレルギー検査で原因を突きとめましょう。

関連情報