原因アレルゲンの回避方法

家庭でできるアレルギー対策

原因アレルゲンの回避方法
 
お問い合わせ

花粉抗原との関連が報告されている食べ物が原因となって引き起こされるアレルギー

花粉症の患者さんが果物や野菜などを食べた後に口の中やのどがイガイガ、ヒリヒリといった症状が出るOAS(Oral Allergy Syndrome:口腔アレルギー症候群)にも注意が必要です。


OAS(口腔アレルギー症候群)/ PFS(花粉・食物アレルギー症候群)

花粉特異的IgE抗体に反応する物質が野菜や果物に含まれており、それがアレルギー反応を引き起こし、野菜や果物を食べると口の中がピリピリしたり腫れたりします。

  • 治療は除去食が中心になるので、検査による原因の検索が重要。アレルゲンは加熱で分解され易いので、加工品や調理品は食べられることが多い。
  • 最初は口の周りだけの症状でも、放置すると重症化することがあるので、軽症者にも対応が必須。

アトピー性皮膚炎(食物アレルギー)

皮膚炎の症状の悪化には、日光、気温、湿度、衣類などの皮膚に触れるもの、ストレスなど様々な要因があります。

食物アレルギーの確定診断には食物負荷試験が必要な場合もあります。

 

 

監修
NPO日本健康増進支援機構 理事長 榎本雅夫 先生