食物アレルギーについて

食物アレルギーの症状

食物を摂取した時に、その食物に含まれるたんぱく質を体が異物として過剰に反応する事で体が傷つき、様々な症状を引き起こすことを食物アレルギーと言います。その症状は顔や腕に限らず様々な部分に現れ、症状も軽いものから命に関わる重いものまであります。

食物アレルギーの症状には以下のものがあります。

充血、痒み、目の周りのむくみ
皮膚痒み、じんましん、むくみ、赤くなる、湿疹
口、のど唇や口内、舌の違和感やはれ、のどのかゆみ、イガイガ感、声がかれる
鼻、肺くしゃみ、鼻水、鼻づまり、せき、ゼイゼイ、呼吸困難
お腹腹痛、気持ち悪さ、嘔吐、下痢、血便
その他食事後の体調不良

 

 

食物アレルギーと乳児の皮膚炎
湿疹が治りづらかったり食事の後に皮膚が赤くなったりした場合は食物アレルギーの可能性があります。これらの症状が出た場合は、塗り薬やスキンケアだけではなく食物アレルギーの診断が必要になります。

アレルギーを専門とする医療機関を受診して詳しく相談しましょう。

  • 子供が心身ともに大きく成長する時期に食事は重要な役割を果たします。自己診断でむやみに制限することは成長の妨げになります。
  • 食物アレルギーの診断は非常に難しく、専門医による詳しい問診や血液検査や皮膚テストによる特異的IgE抗体の検査、食物負荷試験により総合的に判断されます。
  • また、子供の場合は成長とともに、耐性を獲得して食べられるようになるケースが多いため、定期的に診断を受けて、こまめに原因を見直してもらうことも重要です。

よく見られる疾患

  • 口腔アレルギー症候群(OAS)
    キウイやオレンジ、トマトや人参などの果物・野菜を花粉症の人が食べることで、花粉と野菜・果物が影響しあって、唇や口の中が腫れたり、かゆくなったり、イガイガする症状を引き起こすことを口腔アレルギー症候群(OAS)と呼びます。
    そのままにしておくと重い症状を引き起こす場合もあります。血液検査や皮膚テストで原因を知ることが治療の第一歩です。
  • 食物依存性運動誘発アナフィラキシー(FDEIA)
    小麦、エビやカニ等の甲殻類などを食べた後に運動をすることで蕁麻疹やアナフィラキシー症状を起こすことがあります。これを食物依存性運動誘発アナフィラキシーと呼びます。
    給食後に体育などで運動をすることが多い、小中高生に多く見られるため、学校で発症することがあります。