アレルギー発症のメカニズムと原因

その検査について

アレルギー発症のメカニズムと原因
 
お問い合わせ

スギ花粉などのアレルギー性鼻炎 発症のメカニズム

スギやヒノキの花粉等が身体の中に入ってくると、異物を排除するメカニズムが働き始めます。その物質が次に入ってきたときにそれを排除するために、その物質だけに反応する特異的IgE抗体を作ります。特異的IgE抗体ができた状態を「感作」と呼びます。特異的IgE抗体は肥満細胞という細胞の表面にくっついて体内に存在しています。

 

この「感作」された状態では何の症状もありませんが、同じ物質(たとえばスギ花粉)が再び体内に入ってくると、特異的IgE抗体がそれを捕まえます。捕まえたという信号によって、肥満細胞が活動を始めて細胞の中にあるヒスタミンやロイコトリエンという化学物質(ケミカルメディエーター)を放出します。ヒスタミンは神経を刺激してくしゃみと鼻水を起こします。ロイコトリエンは血管を刺激して鼻づまりを引き起こします。

 

これらの反応は異物に対する生体の防御反応なのですが、遺伝的要因や環境要因により体内の免疫バランスが崩れることで症状がおこります。このことを「発症」と言います。

ハウスダウト、花粉、卵、エビ等様々なアレルギー原因を調べることができる血液検査

体が異物に対して攻撃的な反応をする一つの原因として、異物に対する特異的IgE抗体が上げられます。血液検査では、患者の血清の中に「何に」反応する特異的IgE抗体が「どのくらい」あるかを調べます。現在では、下の一覧表に示した、209種類の原因物質(アレルゲン)に対する特異的IgE抗体を測定することができます。

関連コンテンツ・製品・サービス情報