アレルギー性鼻炎について

アレルギー性鼻炎の原因

~ハウスダストやダニ、スギ花粉やヒノキ等~

アレルギー性鼻炎は、花粉を原因とする季節性アレルギー性鼻炎とハウスダストやダニなどを原因とする通年性アレルギー性鼻炎とに分類されます。

通年性アレルギー性鼻炎の原因季節性アレルギー性鼻炎の原因
ハウスダスト
ダニ
昆虫
ガ、ユスリカ、ゴキブリ
ペット
イヌ、ネコ

スギ、ヒノキ、シラカンバ
春~夏
カモガヤ(イネ科)
夏~秋
ブタクサ、ヨモギ(キク科)

アレルギー性鼻炎の3大症状「くしゃみ」「鼻水」「鼻づまり」

 

アレルギー性鼻炎の症状の代表的なものとしては「くしゃみ」「鼻水」「鼻づまり」が挙げられます。

アレルギー性鼻炎は完全に治す事が難しい病気です。自分の病気の原因をよく知ることで症状を軽くすることができます。最近は治療薬も進歩しており、また、免疫療法という新しい治療法も開発されました。専門医にご相談ください。

アレルギー性鼻炎の検査と診断

アレルギー性鼻炎の検査には、アレルギーか否かを調べる検査と原因物質を調べる検査があります。

アレルギー性鼻炎の診断においては、くしゃみ、鼻水、鼻づまりの症状があり、鼻水の中に好酸球が証明され、症状と矛盾しない抗体(花粉症では花粉飛散時期と一致する抗体)が検出されれば診断は確定します。 

 

問診
診断の基本
発症時期、症状、強さなど
 

・ 問診では、いつ症状がでるか、どんな症状か、

アトピー性皮膚炎などの他のアレルギーの有無、

家族歴など診断の基本となる情報を調べます。

鼻鏡検査

鼻ポリープなどと区別

 

・ 鼻鏡検査で直接鼻の中の状態を見ることで、

副鼻腔炎、鼻ポリープ、鼻中弯曲症などの他の

鼻の病気と区別ができます。

鼻汁好酸球検査
アレルギーによるものか
 

・ 鼻汁好酸球検査は、その症状がアレルギーに

よるものか調べる一般的で大切な検査です。

その他、血液による検査では血中総IgE抗体や

血中好酸球を行います。

特異的IgE抗体
原因となる抗体の有無
 

アレルギーの原因を調べる検査です
・ 皮膚テスト:原因と思われる物質を皮膚に入れて、

赤くはれる反応を見ます。

・ 血中特異的IgE抗体検査:血液検査で原因となる

物質に対する抗体が血中にどのくらい存在するかを調べます。

・ 鼻粘膜誘発テスト:原因と思われる物質を鼻の粘膜に

つけて、くしゃみ、鼻水、鼻づまりの症状がでるか、

またはその程度を確認します。