臨床的評価3:アトピー性皮膚炎における重症度との相関

(代表例)

アトピー性皮膚炎と診断された症例で重症度との相関を検討した。

多くのアレルゲンで測定値と重症度に相関が認められ、アラスタット3g* の方が従来法より重症度の相関が有意に高かった。


アトピー性皮膚炎(症例数 / 85  測定項目 / H1 ハウスダスト1)

 重症度症例数平均値標準偏差最小値中央値最大値

アラスタット3g

Allergy*

軽症
中等症
重症
最重症
24
44
14
3
34.273
106.115
177.306
432.207
45.206
118.610
159.753
116.574
0.10
0.10
0.33
297.60
18.845
64.540
156.970
499.020
153.95
493.61
461.73
500.00
従来法軽症
中等症
重症
最重症
24
44
14
3
32.068
57.504
77.698
100.000
37.574
42.536
37.242
0.000
0.34
0.34
0.39
100.00
17.850
58.950
100.000
100.000
100.00
100.00
100.00
100.00

アトピー性皮膚炎(症例数 / 50  測定項目 / K82 ラテックス)

 重症度症例数平均値標準偏差最小値中央値最大値

アラスタット3g

Allergy*

軽症
中等症
重症
最重症
9
28
10
3
0.401
1.047
2.109
5.150
0.601
3.710
4.119
6.520
0.10
0.10
0.10
0.54
0.100
0.100
0.785
2.300
1.59
19.44
13.66
12.61
従来法軽症
中等症
重症
最重症
9
28
10
3
0.418
0.963
3.442
6.157
0.179
2.108
8.773
9.391
0.34
0.34
0.34
0.69
0.340
0.340
0.585
0.780
0.87
10.40
28.40
17.00

* シーメンス・イムライズ アラスタットIgEⅡ