アラスタット3g* の特徴、原理

特異的IgE抗体検査試薬アラスタット3g* はアレルゲン特異的IgE抗体を0.1IUA / mLから500 IUA / mLまで精度良く測定できる高感度ワイドレンジ試薬です。

特徴

臨床診断との陽性一致率が向上すると共に、治療経過のモニタリングに必要な

100 IUA/mL 以上の測定が可能になりました。

  1. 立体障害を最小化し特異性を向上:液相アレルゲンと独自の固相化技術
  2. 高感度と広い測定範囲を両立:化学発光酵素免疫測定法(CLEIA)
  3. 非特異反応の減少:米国特許取得の洗浄(B/F分離)技術

 

原理

ビーズ固相とした2ステップサンドイッチ法に基づく、化学発光酵素免疫測定法(CLEIA)です。

IgE抗体濃度(IUA/mL)とクラス分類

クラスIgE抗体濃度(IUA / mL)判定

 

0

<0.10陰性
0.10 ~ 0.34微弱陽性
10.35 ~ 0.69弱陽性
20.70 ~ 3.49

 

 

陽性

33.50 ~ 17.4
417.5 ~ 52.4
552.5 ~ 99.9
6100≦

 

判定:測定感度の向上により、0.1~0.34IUA/mLの範囲を新たに微弱陽性と位置づけました

較正用基準物質:WHO 2nd IRP 75/502

* シーメンス・イムライズ アラスタットIgEⅡ