nexaris Angio-CT

At the nexus of treatment innovation

nexaris Angio-CT
 
お問い合わせ
nexaris Angio-CT image1
nexaris Angio-CT

At the nexus of treatment innovation

nexaris Angio-CT2
CT画像とアンギオグラフィ画像のフュージョンイメージ
2 + 1 room Layout

検査室を効率的に運用するレイアウト

Quick Switching

CT撮影モードから血管撮影モードへ、素早いモード切り替えが可能

広いワーキングスペースを確保

スライディングガントリCTを格納することで、効率的な運用につながります

nexaris Angio-CT

Introducing multi modality imaging to advance therapy outcomes

日本の医療現場のニーズから生まれたIVR-CTシステム。シーメンスでは1999年にスライディングガントリCT方式のIVR-CT「Angio-CT MIYABI」を発表し、以降さまざまなソリューションを提供してきました。
近年、IVR-CTシステムの利用は、血管系のインターベンションのみならず、非血管系のインターベンションや救急での利用も進んでいます。nexaris Angio-CTは、変化する日本の医療現場の意見をさらに取り入れ、血管撮影装置とCT装置の融合をより深めることで、治療中に1つのモダリティのようにスムーズに使用できるIVR-CTシステムへと進化しました。
※nexarisはマルチモダリティソリューションの呼称で、販売名ではありません。
 

関連コンテンツ・製品・サービス情報