関東DynaCT研究会

関東DynaCT研究会
 
お問い合わせ

syngo DynaCT Image Contest 2017

- Best Clinical Outcome with “Originality and Ingenuity” –

syngo DynaCT Image Contest 2017を開催いたします。皆様が日々の業務で培われた臨床経験と知識をsyngo DynaCT 画像と一緒にご紹介ください。本研究会では、このイメージコンテストから、血管造影検査と治療における画像支援をキーワードに、真に臨床的に有用な画像を得るための撮影テクニックなどを示していただくことで、ご参加いただいた皆様との有益な情報の共有と活発なディスカッションを通して、知識の向上を計ることを目的としています。

 


開催概要と応募について

対象機種

AXIOM Artis / Artis zee / Artis Qの全ラインナップ

AXIOM Artis dFA、 AXIOM Artis dTA、AXIOM Artis dBA 、AXIOM Artis dBA Twin
Artis zee FA/FA PURE、Artis zee TA/TA PURE、 Artis zee BA/BA PURE
Artis zee BA、Twin/BA Twin PURE、Artis Q TA、Artis Q BA
Artis Q BA Twin、Artis zeego、ARTIS pheno

対象部門

下記部位の何れかに該当する3D画像を対象と致します。
頭頸部(血管系含む)
胸腹骨盤部全般、体幹部血管系、整形・その他

受賞カテゴリー最優秀賞  記念品 1名
優秀賞    記念品 5名
参加賞    記念品 投稿頂いた皆様へ
投票権本研究会に参加されました対象装置所有のユーザーの皆さま
応募要項

所定フォームのプレゼンテーションをPDF形式で専用メールアドレスに送信して下さい。
Siemens.DynaCT.jp@siemens.com

 

  • 応募に際し、ご提出いただく画像データは個人情報保護のため、必ずお名前やID番号を変更してください。
  • 審査結果が確定するまで、応募データ(thin スライス画像や回転撮影画像やDSA画像、Exam Protocol)などを含むDICOMデータ)の保管をお願い致します。
  • 受賞者の方にはDICOMデータの提出をお願いする可能性があります。

所定フォーム

  • プレゼンテーションのスライド2枚にまとめて下さい
  • 1枚目のスライドには、施設名称、対象画像の疾患名、装置名称(ソフトウェアバージョンも含む)、撮影プロトコル名称、造影条件、工夫した点など
  • 2枚目のスライドには、臨床画像(JPEGに変換された静止画のみ/複数可、体裁は自由と致します)

応募締切、審査について

応募締切
応募開始:2017年4月3日(月)
応募締切:2017年6月30日(金)
(応募者数に応じて、7月31日まで延長の可能性あり。応募締切日の延長に関しましては、専用ホームページ、若しくは、弊社担当営業までご連絡下さい)

審査について
撮影テクニック、臨床的ベネフィット等を総合的に審査の上、8月中に受賞者を 決定致します。受賞者の方々には、2017年10月14日(土)の第12回関東DynaCT研究会にて、表彰式と受賞された症例のご発表をお願い頂く予定です。


申し込み時の注意事項(同意書)

応募者(以下「甲」という)は、シーメンスヘルスケア株式会社(以下「乙」という)が主催するsyngo DynaCT Image Contest 2017 に参加するにあたり、 応募・登録サイト(以下「本サイト」という)を経由して甲が投稿する原稿およびコメントならびに統計資料、写真、ロゴ、動画その他の関連資料 (以下、まとめて「本引用資料」という)の取り扱いに関し、以下の条件(以下「本条件」という)に同意するものとします。

  1. 甲は乙に対し、本引用資料を、乙およびその関連会社の広報誌、インターネットウェブサイト、カタログ、マーケティングプレゼンテーションその他営業上で用いる文書 (以下「製作物」という)において使用することを許諾するものとします。
  2. 甲は、本引用資料が自己に帰属するものであること、ならびにその内容が正確であることを表明するものとします。
  3. 甲は乙に対し、本引用資料の使用に関する権利を主張しないこと、ならびに乙が独自の判断で製作物の製作の全部または一部を第三者に委託すること、 および当該製作物の委託に際し、乙が本引用資料を関連業者等に開示すること等を許諾するものとします。ただし、 製作物の製作以外の目的に本引用資料を第三者に開示し、または使用許諾する場合、乙は事前に甲の承諾を得るものとします。
  4. 甲は、本使用許諾に関し、許諾に必要な甲の組織内における承認その他の手続きを遵守していることを表明するものとします。
  5. (1) 甲は、個人情報の保護に関する法律その他の関連法規を遵守するため、本引用資料の投稿に際し、氏名、生年月日その他の第三者を特定する情報を削除する等の処置を十分に講じ、本引用資料に関連する患者その他の個人情報の保護に十分に配慮し、必要な措置をとるものとします。また、特に必要な場合は、当該第三者から許諾等を取得するものとします。
    (2) 本引用資料に関連して第三者より権利侵害その他の申立てがあった場合、甲および乙は、直ちに相手方にその旨を通知し、甲乙協議の上、共同して適切な対応を行なうものとします。
  6. 本条件は、甲が関東DynaCT 研究会専用メールアドレスに「送信」を実施した時点をもって、効力を発するものとします。